ただのプラモ雑誌じゃない![ピクトリアルモデリングガイド]

entry-251s - コピー

先日発売された
【艦これピクトリアル モデリングガイド】
~艦これ提督のための艦船模型ガイドブック~

管理人も手に取ってみましたが、こ、これは!
ただのプラモ雑誌じゃないぞ!
という訳で、簡単なレビューを書かせて頂きます。



ココがすごいよ!モデリングガイド

当誌は【提督たちのための艦船模型ガイドブック】
ただ、趣旨はこれだけではないようです。

「艦これから実際の艦船にに興味を持ったけど、写真少ない、、、」
「モノクロ写真ばっかで分かりづらい!」

そんな方々へ向けたのが当誌!
精密に作られた艦船プラモデルを見ることで、実艦のディテールに迫る!
⇒ディティール:全体の中の細かい部分・細部
艦船プラモデルに興味のない方でも、十分に楽しめる一冊になっています!


当記事では、具体的にどんなところが面白いか紹介していきましょう。






艦これの原点はココ! 田中氏インタビュー

艦これの生みの親である、田中氏のインタビューから始まります。
今や大人気の「艦隊これくしょん-艦これ-」
その原点は"子供部屋の1/700連合艦隊"にあった!

これだけ人気のゲームも、元は一人の少年の熱き想い・希望から始まったものです。
そんな田中氏の少年時代からの艦船の思い入れや、経緯等が記されています!







振り返る艦船・戦争の歴史 史実紹介

艦船モデルを語るには、まず史実から!ということでしょうか。
様々な歴史が語られていきます。
wikiとは違い、大量の写真・図を交えて紹介れているので、とても頭に入りやすく感じました。


モデリングレビュー1
▲第二次世界大戦中の軍艦と主な艦種
各艦種の歴史を知ることができます。
艦これから史実へ入ったクチの俺提督は、艦名くらいしか知りませんから、驚きでいっぱいでした。



モデリングレビュー2 (2)
▲太平洋戦争 主要海戦
【真珠湾攻撃】から始まり、【ベナン沖海戦】まで。
地図に点が打ってあり、各海戦がどこで行われたかひと目で分かるようになっています。
非常に分かりやすく感じました!
実際に戦闘が何処で行われたか、というのは中々分からないですからね
(社会の勉強サボってた俺だけ?震え声)

ページ右側では、年号別に各海戦でどの様なことがあったのか紹介されています。



モデリングレビュー8
▲勿論、艦種別のエピソードも紹介されていますよ!







艦これにも登場する、あの装備はココについてるぞ!

提督なら見覚えもあるであろう、【砲塔】や【対空機銃】【対空電探】が実際艦船のどの位置に付いているか丸分かり!
装備自体にも解説が付いているので、合わせて知ることができます。

艦これでは、装備は最大でも4スロットしかありませんが、実際は様々な装備が取り付けられていたことが分かります。


モデリングレビュー3
▲電探一つとっても、3つの別々の電探が付いてたんですね!



モデリングレビュー4
▲航空巡洋艦になった【最上】には多数の水上機が!
 一機カタパルトに載っていますね。こうやって射出されるのか、、、



モデリングレビュー5
▲いつも空の航空甲板しか見てないですからね、、、
 実際の艦載機は、このように配置されているのですか。



モデリングレビュー6
▲すごく、、、重雷装艦です、、、




モデリングレビュー7
▲勿論、装備だけでなく船体についても紹介されています







艦種別の説明が細かい!

各艦の紹介ページでも、エピソードや兵装の違い等が事細かに説明されています。
例を上げると【赤城】
彼女は元々戦艦だったことはご存知かと思いますが、
その戦艦時代のモデルから、どのような経緯で空母となったかまで説明されています。

モデリングレビュー9



モデリングレビュー10
▲有名なエピソードですが、何故【瑞鳳】は「ス」ではなく「づほ」なのか、と言ったとことも紹介されています。






同型艦の区別もこれでバッチリ!

例を上げると【金剛型戦艦】
艦これでは、見かけも性格もまったく違う彼女達ですが、
艦船においては素人目ではまったく区別できませんよね、、、

そんな私達でも大丈夫!事細かに説明されていますよ!

モデリングレビュー11








艦娘の兵装までカバー!

「改造したけど、ビジュアル変わってるの?」ということが多々あるかと思います。
本当にほんとーに、細かい所が変更されている艦娘もいるようですよ!
こういうのを見ると、艦これって本当に細かいところまでこだわっていることが分かりますね。


モデリングレビュー12










最後に

こいつはスパシーバ!

艦船の歴史やエピソードは調べれば出てくるんですけど、
兵装が何処に付いてるかとかって分かりづらいですよね、、、
しかも、出てくる資料やwikiって、なんか文章ばっかで読みづらいですよね、、、

そんな私にもピッタリ!
カラーの写真が多く使用されているので、飽きが来ずにじっくり読むことができました。
また、各艦のエピソードや、兵装に至るまで事細かに説明されているので、自分にとって新たな発見が多く、とても楽しく読めました。

冒頭でも謳っていますが、艦船プラモに興味のない方でも十分に楽しめる一冊です。
今回ご紹介させて頂いたのは、ほんの一部にすぎません。
まだまだ、紹介しきれなかった様々なエピソードが載っています。
大好きな艦娘の歴史を知るためにも、手にとってみては如何でしょうか。






おまけ

モデリングレビュー13

艦これしながら、当誌を読んでいた俺提督

俺提督「ファッ!?タンヤン、、、だと、、、」

雷「何て読むと思ってたのよ」

俺提督「た、たんよう、、、」

雷「はぁ、、、そういえば前にも似たような事言ってたわよね」

雷「晴嵐をセーラーって言ったり、彩雲をあやぐもって言ったりね、、、」

俺提督「ぐぬぬ、、、何もいえねぇ」




▼アマゾンでもジャンルベストセラー!大人気のようですね!






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ