第六駆逐隊が可愛い! 艦これなのです! レビュー 

entry-266s1 - コピー

2014年5月9日発売の「艦これなのです!」のレビューを書かせていただきます。
やばい、、、雷電コンビが可愛いすぎる!!!



紹介なのです!

第六駆逐隊、主に「雷」「電」にスポットを当てたストーリー。
日常ドタバタ系と思いきや、戦闘についてもしっかりと描き込まれています。
中には、仲間同士で意見が対立してしまうシーンもあり、人情的なドラマも見られます。

※ネタバレを含みます。ネタバレを好まれない方はブラウザバック願います。




▼あらすじ
舞台は鎮守府学園。
係活動として、深海棲艦と戦う「雷」と「電」。
しかし、彼女達には他の艦娘には言えない秘密があった。

~沈んだ敵も出来れば助けたいのです~
~戦いには勝ちたいけど、命は助けたいっておかしいですか?~

「電」の思想では、敵を撃沈させることは出来ず、撤退へ追い込むところまでしか出来ずにいた。
例え、自らが窮地に追い込まれようとも、、、
そんな彼女達の意見に異論を唱えながらも、惹かれてゆく「響」と「暁」。
戦闘を経ることで、互いを理解していく。

笑いアリ、戦闘アリ、人情アリの彼女達の物語。




史実では「雷」と「電」はスラバヤ沖海戦で、撃沈されたイギリス重巡洋艦「エクセター」の乗組員を救助しています。
~沈んだ敵も出来れば助けたいのです~
この思想は「艦これ」にも、そして当誌の彼女達にもあるようですね。

彼女達の史実・思想を活かした物語となっています。


艦これなのです!1a










見ていて楽しく笑えるシーンや、とっても可愛いサービスシーンもありますが、
戦闘シーンも良く描かれており、戦闘の緊張感を感じるようでした。
艤装を纏うシーンでは、実際の艦が飛び出してきてビックリ!


艦これなのです!1e


艦これなのです!1c (2)

艦これなのです!1b


艦これなのです!1f









また、コミックだけでなく「特Ⅲ型駆逐艦 雑学コラム」として史実紹介がされているので、「暁型駆逐艦」のお勉強ができちゃいます!

艦これなのです!1c










最後に

第六駆逐隊好きの提督は必見!

私は雑誌のレビューで表紙を見た瞬間購入確定していましたw
可愛いだけでなく、ストーリーもしっかりとしていますので、物語としても楽しく読める一冊になっているのではないかなーと思います。
是非一度、手にとって見てください!



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ