初心者でも取っ付きやすい!艦船プラモデルの第二弾が遂に登場![艦これモデル2]

提督「おーい、帰ったぞー」

雷「おかえりなさい!今日もお疲れ様!あれ?これお土産?」

提督「みたいなものだ」

雷「こ、これは!」

entry-300s.jpg

艦これモデル2 1
※いきなり茶番から始まりましたが
「艦これモデル2」のレビューになります。




Kan Colle Model vol.2  ~艦これモデル2~

艦これモデル2 2

雷「これ!前にも一緒に作ったやつね?」

提督「あぁそうだ。7月28日に発売と聞いてな。」

雷「にしても、また箱買いしたのね、、、」

提督「うん、コンビニの兄ちゃん戸惑ってた。袋に入らないって。」

提督「いやー袋スケスケだから恥ずかしかったわ(´∀`✽)」





艦これモデルとは

1/2000スケールのフルハウ艦船プラモデル。
初めから塗装がされており、組立難易度も低く、尚且つ値段もリーズナブル。
お手頃で初心者でも取っ付きやすいのが特徴かと。
手がプルプル震えるアル中提督こと、この私が作れるのだから間違いない!

プラモの他にも、下記の物が付いている。
・艦娘の描かれたクリアカード
・艦船を詳しく紹介する楽しいマンガ
・チューインガム

値段は500円(税抜き)
全8種類(シークレット有)
今回は第二弾!
なんと、前回には無かった大型艦の「武蔵がお目見え!」



▼ラインナップ
・長門 ・蒼龍 ・飛龍 ・榛名 ・霧島 ・愛宕 ・瑞鶴 ・武蔵

▼因みにシークレットは?
文字反転で開示です!⇒「 大和型戦艦 一番艦「大和」 」

▼箱買いすれば全部揃う?
恐らく可能かと。
全て開封しましたが、前回と同じく全種コンプしました。
全8種類+シークレットなので、どうしても一個は被りが出ますけどね。

▼個別に売ってないの?
アマゾンでは、個別に販売しているところもあるみたいです。
詳しくは、当記事末尾にリンクが貼ってあります。


詳しくは公式HPへ⇒艦これモデル2

艦これモデル2 10個入BOX (食玩・ガム)

艦これモデル2 10個入BOX (食玩・ガム)






提督「よし!全部開けちゃえー」バリバリ

雷「もう!後で片してね!」

提督「いやさ、前回作ったのって戦艦だったじゃん?」

提督「だから、前回と被らないように、コイツを作ろうかなっとね」コトッ

艦これモデル2 3

雷「空母 蒼龍ね」

提督「そそ、後空母はパーツが少なくて作りやすいし、肩慣らしにね」

提督「中身はこんな感じだ」

艦これモデル2 4

艦これモデル2 5

提督「説明書には、艦船の史実と全長等のデータが入っているぞ」

提督「2つめの画像の通り、史実と艦船のスペック等についてのマンガも付いている」

雷「これで楽しく勉強できるわね!」

提督「さーて、それじゃあ作って行きますか!」バリバリ

雷「ちょ、ちょっと!工具ナシで作るつもり?前回痛い目見たじゃない!」

提督「フゥーハハハ!百戦錬磨の俺提督に不可能はない!」

雷「・・・」

提督「ちょっ!分かった!分かったから三連装魚雷と錨をこっちに向けるのやめてぇー!」





工具は必要?

説明書には「あると便利な工具」とありますが、工具が無いと作れないと思ってください。
1/2000スケールなので、部品がかなり小さくなります。
切り離し及び取り付けを指で行おうと思うと、細かくて不可能なところがあります。
また、差し込んでも安定しない部品があるので、接着剤も必須です。
取り敢えず、下記の物だけでも用意しておくと、かなりラクになります。

因みに、管理人も同じものを使用して作成しています!

左:プラ工具セット (A-2)
右:タミヤセメント(角びん)
プラ工具セット (A-2)タミヤセメント(角びん)


A艦これモデル失敗2
▲失敗するとこうなります(細い部品がうまく刺さらなかった)

A艦これモデル失敗
▲本来ココはくっつく所。接着剤が無くて付かなかった図。





提督「まずは船体に船底を取り付ける」

雷「うーんこの船底、いいフォルムね!」

提督「思わず撫で回したくなるな!」

雷(白い目)

提督「勿論、艦船としてだぞ!」

雷「どうだか、、、」

艦これモデル2 7

提督「なぁ雷、これ何のパーツだ?」

雷「し、知らないわよ!私駆逐艦だし!」

提督「艦娘のくせにそんなことも知らないのか」

雷「提督のくせにそんなことも知らないのね」

提督「」

艦これモデル2 9

提督「慎重にニッパーで切り離して、、、」

雷「この時、必要な部品まで切り離しちゃダメよ!

雷「中には船体との接合部が切る所になっている場合があるから注意ね

提督「次に接着剤を塗って、っと!」

艦これモデル2 10

提督「いやー本当に一人だと写真撮るのも一苦労だわ」

雷「?」

提督「ほいで船体にくっつける!」

艦これモデル2 11

提督「次は排気するところ的な?煙突?」

艦これモデル2 12a

艦これモデル2 13

提督「これくらい大きければ指でも行けるな」

雷「そうそう、指で出来るところは無理にピンセットを使わないほうがいいわよ」

雷「ピンセットにもリスクはあるの、例えばうーん」

提督「細かいから落とさないように力を入れて、、、あっ!」ポーン

雷「こんな感じね┐(´ω`✽)┌  力み過ぎないように注意よ」

艦これモデル2 15

提督「次は艦尾部か、ちゃっちゃか行きましょう」

雷「この部品は何かしら?」

提督「もう分からないから何も喋らない」

提督「何も言わなければ知っているか知らないかなどバレぬわ!フゥーハハハ!」

雷「こういう大人が多いわよね、最近」

艦これモデル2 16

提督(無言)

雷「はいはい、分かった分かった」

提督「小さいからピンセットで、、、」

提督「は、ハマらねぇ、、、ぐぬぬぬ」

艦これモデル2 17

提督「あ、、、」

雷「入らないからといって力を入れすぎちゃダメよ!」

提督「いや、そんなに力は入れてないんだが、、、」

雷「このような細い部品は脆いから、簡単に曲がるわ!注意が必要ね!

艦これモデル2 18

艦これモデル2 19

提督「次は船体と甲板の接続だ!」

雷「あ、さっきの曲がってる」

提督「うっさいわ!」

雷「それはさておき、これだけでかなり見た目が格好よくなったわね!」

提督「うむ、あと少しだ。次は、、、艦橋だな」

雷「流石にそれは分かるのね」

提督「はいはい、どうせニワカですよーだ(`ε´)」

艦これモデル2 20


艦これモデル2 21

雷「曲がってるのが良く分かるわね ニヤ(・∀・)ニヤ」

提督「もう、、、やめてください、、、」

艦これモデル2 22

提督「あとはスクリューだけだ!ラストスパート!」

雷「ここも細かいから注意が必要ね!最後までよーく気をつけてね!」

艦これモデル2 23

※完成図画像には縮小を掛けていません。
クリックし、開いた画面で更にクリックして頂ければ、オリジナルサイズで見る事が出来ます。


艦これモデル2 24-1

提督「よっしゃ!できた!」

雷「司令官、お疲れさま!」

雷「ってあれ?艦載機は配置しないの?」

提督「あーあれな、固定する台座も穴もなくて、接着剤でも中々くっつかないんだわ」

提督「無理にくっつけても、くしゃみで飛んでいっちゃうしな」

雷「なんか物足りない気がするわね、、、(´・ω・`)」

提督「言うと思った、だから以前に赤城を作った時の画像をホイ」

艦これモデル2 30

以下、蒼龍を様々なアングルから撮ってみました。

艦これモデル2 25-1

艦これモデル2 29

艦これモデル2 26-1

艦これモデル2 27艦これモデル2 28


雷「うーん!良く出来てるわね!」

提督「そうだな、特に前からのアングルは、まさに艦載機が飛んできそうな錯覚を覚える」

雷「艦載機、配置してないけどね」

提督「今日は当たり強いね」


提督「後は台座にハメて飾っておこう」

提督「因みに、この艦娘の立ち絵が施されたプラカードは取り外し可能

提督「艦これモデルとではなく、普通の艦船モデルとして飾ることも可能なのだ!」 

艦これモデル2 32 艦これモデル2 31

雷「ところで、蒼龍だけじゃちょっと寂しいんじゃない?」

提督「そうだな、大きさの比較もしてみたいし、武蔵も作ってみるか」

※面倒くさくなって、作成過程は撮っていません(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

艦これモデル2 33

雷「大きいわね!」

提督「wait!one more please! 今の言葉の始めに「提督の」と付けて」

雷「その粗末な7.7mm機銃が何ですって?」

提督「!?」

提督「だが悪くない」

提督「コホン、部品が大きい分組み立てるのも楽だな」

艦これモデル2 34

雷「知ってはいたけど、46cm砲って大きいのね」

提督「副砲と比較してもこれだからなぁ」

雷「という訳で出来たわよ!」

提督「はしょりすぎぃー!」

艦これモデル2 35

艦これモデル2 38

艦これモデル2 37

艦これモデル2 36

提督「横からのアングルが堪りませんな~!」

雷「正面からのアングルも、46cm砲を向けられているみたいで迫力があるわね」

提督「因みに、他の艦と比較するとこうなる」

雷「軽巡 矢矧と比較すると、武蔵ってホント大きわよね!」

雷「私と比較したらどうなっちゃうんだろ、、、」

提督「それもそうだが、こう見てみると意外と空母もデカいんだな」

雷「また一つ勉強になったわね!」

艦これモデル2 39

提督「さて、そろそろ片付けを、、、」

雷「ちょ、ちょっと!まだ6隻残ってるわよ!」

雷「しかも、第一弾もまだ全部作ってないじゃない!」

提督「最後にオチも付いてよかったじゃないか」

雷「これ、きっと第三弾が出るまで積みっぱなしね、きっと、、、」

くだらない茶番にお付き合い頂きありがとうございました!

DSC_0285.jpg




商品リンク

それぞれ販売元が違いますので、売り切れであれば別の所を見てみてください。
また、ここでは掲載していない販売元があるかも?
もし売り切れであれば、ご自分で検索してみてください。

▼箱買い

冒頭で紹介した通り、箱で買えば恐らく全種類コンプ可能です。
(管理人は一箱でコンプしました)



▼個別







関連記事

コメント

No title
私は父親が戦艦(大和)を作るのが好きで、家にあった1/200大和型、1/250宇宙戦艦大和を見て育ったので、
ていうか遊んではちょっとずつパーツを壊していって、親父は次の大和を買ってという育ち方をしましたw

嵩じて自分も小学生になる頃から駆逐艦、巡洋艦を買っては作りました。
おこづかいの範囲だとせいぜい1/1200なので、大和のスケールに合わせた小型艦を作りたかったですね。
機銃なんて子供の爪よりも小さいのでまともに付けられなかったですw
本も読んでいたので軍艦の中では無類の幸運艦の雪風、大和と一緒にいた矢矧が大好きでした。

駆逐艦のフォルムでは今でも雪風(艦むす)が一番好きです。
そこからはゾイドに嵌って、軍艦のことはすっかり忘れましたがw
今年の2月頃にニコ動でソロモンの悪夢の動画を見て艦これ興味を持ったのですが、なんとも不思議なめぐりあわせです。
自分語り終わり
No title
>>ボーキストックさん
くぅ~!いいですね(≧∇≦)b
私の親父は宇宙戦艦ヤマトが好きでしたが、プラモ関係や実際の艦船自体には興味が無かったようです。
昔は良くヤマトのアニメや映画をゴリ押しされましたが、幼かった私には理解出来るハズもなく、若干トラウマなのは親父には秘密ですw

私自身もプラモにすら興味が無かったので、触れたのはこの「艦これモデル」が初めてだったりします。
プラモデル、という程難しい物ではありませんが、それが逆に自分には良かったのかもしれません。
楽しかったのは事実ですが、これで更に上の1/200や1/1200スケールを作ってみる?と言われても頷くことが出来ないかもしれませんねw

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ