2014秋イベント 感想と考察

entry-356s - コピーこび

2014年の秋イベント、「発動!渾作戦」お疲れ様でした!
少々遅くなってしまいましたが、私の感想と簡単な考察をして行きたいと思います。



イベント感想

E-1 【第一次渾作戦】

2014秋イベ感想4

2014秋イベ感想3

2014秋イベ感想2


しょっぱなからの連合艦隊、且つ新規実装の「水上打撃部隊」!
この時点でビックリしましたねー。
機動部隊と違い、空母はあまり入れられない仕様で条件をハッキリさせるのが大変でした。
また、併せて「第一次渾作戦に出撃した艦艇は、第三次に参加出来ない」という縛りがあったため、極力低レベルの艦艇を使用すべく、装備の入れ替えやらで大分時間が掛かってしまいました。
夏イベでは一部正規空母を前哨戦に使ってしまい、後々後悔したものですから…
準備に時間を掛けただけあって、整ってしまえばサクッとクリア出来る難易度でした。
早い段階で制空優勢からの弾着観測射撃・雷巡の有利さに気づくことが出来たのも大きいですね。






E-2 【第二次渾作戦】

2014秋イベ感想6

2014秋イベ感想5


また連合艦隊かと思いきや、通常編成。
「駆逐艦を主力とした軽快な高速艦隊で作戦海域に突入」
「同作戦は、支援艦隊も運用可能」
と、親切な詳細も大淀さんの黒板で指し示されていたので、特に考えることも無かったです。
道中は突破だけを念頭に置けば良いので、駆逐艦の火力でも十分でしたが、
BOSS戦は耐久190の駆逐棲姫が出現するため、スグに支援艦隊を引っ張り出してきましたね。
夜戦セットのお陰で苦労することもなく、E-1より短い時間でクリア出来ました。

しかし、実は闇に葬られた最悪な事件が一つ…
攻略時速報記事にも、当記事にもゲージ破壊の画像が無いのはその為です。
後に掲載します。







E-3 【第三次渾作戦】

2014秋イベ感想9

2014秋イベ感想8

2014秋イベ感想7


再び連合艦隊での出撃。
とりあえずは様子見でE-1と同系統の編成で出撃。
BOSS戦時「アイエエエエ!ダイソン!? ダイソンナンデ!?」
と見た瞬間踵を返し、速攻で大和型フル投入のガチ艦隊+支援投入。
正直、戦艦棲姫(ダイソン)を見ただけで夏イベのトラウマが…
後に周回を考えてみると、大和型は不要な難易度なんですよね。
というのも、連合艦隊の謎の性質の一つ「敵味方双方の命中率低下」により、割と攻撃を避けてくれるんですよね。
コチラも当てにくくはなりますが、夜戦で十二分に落とせるレベル。
当件については、覚えておきたい知識の一つであります。

大和型・支援フル投入により前半に比べて消費資材が増えています。
「あれ?にしては消費も試行回数も少ないんじゃない?」
そう思われるのも無理はありません。
私も周回編成を考えるまで気づきもしませんでした。
周回時には編成を変えたものの、艦種を変えずに試行していました(例:大和⇒金剛)
しかし逸れる逸れる…
理由も特定しないまま、周回記事にコレを書いてしまったのは痛恨のミスでした。

後にコメントを頂いて気づきました。
無意識の内に「妙高+羽黒」でルート固定していたんですよねw
攻略においては、間宮&伊良湖マシマシだったので編成の入れ替えも発生せず。
手痛くも嬉しい誤算でしたとさ。






E-4 【Extra Operation】パラオ諸島沖

2014秋イベ感想10

2014秋イベ感想12

2014秋イベ感想11


連合艦隊の「機動部隊」or「水上打撃部隊」の選択出現時はざわめきたったものですが、後に前半で使用したのが「水上打撃部隊」だと気づいて恥ずかしかったのは私だけでしょうか。
BOSS旗艦「空母水鬼」もそこまで強くは無く、道中で出現した空母おばさん(既に正式名称は忘れた)も夏イベE-6程の鬼畜さはありませんでした。
これも前記した連合艦隊の謎の性質の一つ「敵味方双方の命中率低下」によるものでしょうか。
削りきれない運ゲーだった夏より大分ラクに感じました。
夏イベE-6ダブルダイソンとの比較を下に貼ってみましたが…こんなの二度と御免じゃ!
ととっ、そう言うことじゃなくて…
コレだけ見ると、装甲が戦艦棲姫(ダイソン)よりも空母水鬼の方が高いため、秋イベの方が鬼畜っぽく見えますが、そうでもありませんでしたよね?
これは連合艦隊による手数の増加と、BOSSまでの損傷軽減が大きいのではないでしょうか。
ついでに言えば敵側火力の差もあるのでしょうけどね。
秋イベE-4BOSSを通常編成でやれって言われたら…嫌な予感しかしません。

2014秋イベ感想13






掘り作業

2014秋イベ感想15

2014秋イベ感想14

2014秋イベ感想16


毎度ポーズ使い回しですw
周回検証してたら、気づいたら「まるゆ」13体に増えてました。
新規実装の「朝雲」も何とか1体だけ手に入れることが出来て大満足!
本命の「あきつ丸」が一体もドロップしなかったのが残念ではありますが…

今回はイベントで手に入る新規実装艦が「朝雲」一体だけだったので、比較的楽でしたね。
ただ、「まるゆ」や「あきつ丸」、夏イベ実装艦を求めて周回している人が多く、秋イベ攻略よりも資材を多く消費した方が多いようですね。
「まるゆ」による運上げ自体、半永久的に終わらないコンテンツですので、今後のイベントにおいても掘り作業で消費する資材は減らなそうですね(´・ω・`)






今回も間宮・伊良湖フル使用! その課金額とは…

夏イベから恒例ですねー。
今回からは伊良湖が実装された為、前回よりは少なくなると予想していたのですが…
あれ?思ったより少ない(錯乱

間宮さんのアイスで一瞬の内に疲労がポンじゃ!
再度出撃していく艦娘達はきっとこんなんだろうなーと、やっつけで画像を作成。



2014秋イベ感想21

2014秋イベ感想







イベント全体を通して

2014秋イベ感想17


ヌルい!ヌル過ぎるよ!

という簡単な感想に留めさせて頂きます。
あとは後の項目で語っていこうかなーと。
因みに、RTAを参照してみると、私は参加していた場合49位だったようです。
次回から参加してみようかな?
初めは間宮は反則だと思っていたのですが、上位のニコ生で普通に使ってましたからねw
艦これ秋イベRTA | 最速ランキング








イベント考察

毎度のことながら、考察と言える程のものではありませんが…


イベント難易度について

今回のイベントは比較的かなり低めの難易度設定となっていました。
これは各所から読み取ることが出来ます。


一つは消費資材。
グラフにしてみると良く分かりますね。
消費が大幅に減っていることから、難易度の低下が読み取れます。

2014秋消費



二つ目は当ブログアクセス数。
秋イベにて攻略記事を書いた当日のアクセス数は、夏イベと比較して約半分以下に収まりました。
まぁこれは「お前の記事が残念だから」「全海域アップしてないから」と言われればそこまでなのですが…

2014秋イベ感想18



低難易度の背景

最も大きい要因は、鬼畜難易度だった夏イベからでしょう。
あまりの難易度の高さから、嫌気が差して全艦娘解体⇒引退した提督もいるようです。
「それくらい難しい方が良い」という方もいらっしゃるでしょうが、ゲームを運営していく上で重要なことは「プレイヤーの大多数が持つ意見を取り入れること」ではないでしょうか。
そもそもイベントとは、「お祭り、楽しい行事、普段はやらない催し、みんなで楽しい事をする」といった雰囲気の意味が含まれている傾向にあります。引用元⇒ニコニコ大百科
より大多数の人が楽しめる施しであるのが本来の姿かもしれませんね。

夏イベからの資材備蓄が間に合わない人への考慮や、夏イベを鬼畜だと感じた人のフラストレーションの解消として、今回のような難易度設定になったのではないでしょうか。




次回イベントの難易度予想

じゃあ次は比較的難しいイベントになるかというと、必ずしもそうとは言えません。
コチラも様々な要因があります。


一つ目は、去年の冬イベントはプチイベだったこと。
⇒蒼き鋼のアルペジオ(アニメ)とのコラボプチイベ

二つ目は、他のイベントと比較して準備期間が短いこと。
⇒冬~春(約4ヶ月) 春~夏(約3ヶ月) 夏~秋(約3ヶ月) 秋~冬(約1~2ヶ月)

そして三つ目が、「アニメ 艦隊これくしょん」の放送開始。


間違いなく、アニメからの新規入場者は増加します。
流石に新規がクリア出来る難易度にはしないだろ…
と思っていたのですが、新規でもクリア出来る難易度のイベントがあったんですよね。
2013冬イベ「蒼き鋼のアルペジオ」コラボプチイベント。
参加者には、大和真っ青なチートオーバースペック艦が貸し出され、敵をなぎ払って行きました。
アニメ自体1年程前に終わったアルペジオですが、時期的に近い1月に劇場版が決定しています。
今年の冬イベもコラボイベントが来ないとは言い切れないんですよね。

ここまでは割とぶっ飛んでいる予想なので、置いておきましょう。
艦これもサービス開始してから約1年半が過ぎ、新規も以前に比べ少なくなってきています。
アニメは新規を大量に獲得出来る最後のチャンスかもしれません。
去年の冬イベは12月からなので、放送開始の1月よりは早くなりますが、
新規が入ってくる以上、続く春・夏もそこまで鬼畜な難易度にはしてこないのではないでしょうか。

ただ、ここまでの意見と相違しますが、新規が少なくなってからは、古参の意見を大切にし如何に引退させないかが重要となります。
故に今後のイベント難易度設定は結構難しいと思います。
結局運営にしか分からないことではありますが、1ファンとして応援して行きたいと思います。








史実背景について

今回のイベントでも、史実関係が盛り込まれておりニヨニヨした提督も少なくないはず。
既にご存知の方も多いでしょうが、E-2BOSS旗艦の「駆逐棲姫」は「春雨」だと言われています。
これは「史実」と「グラフィック」から確認することが出来ます。

二度に渡って行われた渾作戦(三度目は中止)において、敵味方問わず沈んだ艦艇は駆逐艦春雨のみである(補足:春雨は第二次渾作戦において撃沈。ゲーム上の海域(E-2)とも一致する)
その彼女に姿が似ているのは、つまり……。
太ももの部分には白露型艦娘特有の魚雷発射管固定バンドのようなものが確認できる。
※そのため、“闇堕ちした春雨”という認識が広まり、「わるさめ(悪雨)」という渾名が広がった。
また、彼女の脚が無い件については春雨が反跳爆撃を艦尾に被弾して沈没したからだと思われる。


引用元⇒wiki 敵艦船



B2adv77CQAAhvUk.jpg

引用元⇒https://twitter.com/Wolfrandre/status/533287058777702402



下調べをしている際に発見したのですが、下記を見ると心に来るものがありますね。

艦艇たちの奮戦と、その悲しい結末を忘れないでほしいという気持ちは艦これの世界観に繋がっています。
出てくる敵を、単なるモンスターのようなものではなく、沈んでしまった彼我の艦艇のネガティブな想い、その暗喩として「深海棲艦」という文字列にしました。

引用元⇒上記wikiと同様


また、この他にも渾作戦に参加した「羽黒+妙高」「能代+島風」によるルート固定もありました。
私は知らずの内に使用していた訳ですが、気づいた後にはニヨニヨしましたねw






連合艦隊について

2014夏イベで新規実装された、新たな戦闘システム。
未だ実装されている海域は、夏イベと秋イベの二つのみ。
これだけで腐らせる運営ではないでしょう。
まず間違いなく今後のイベントでも登場するでしょう。
んなこたぁ分かってる、という方が殆どでしょうし言いたいことだけを。

「前半海域で使用した艦艇は、他作戦に参加出来ない」といったイベント特有の仕様。
そして、二艦隊編成の「連合艦隊」からも、多数の艦が必要となります。
これからは、一部特出した育成よりも、バランスの良い育成が重要となる可能性が高いです。
最低でも各艦種6隻程度は高レベル艦を用意しておきたいですね。








最後に

比較的ライトに、全員が楽しめる良いイベントになったのではないでしょうか。
夏イベで荒んだ心を癒すことが出来た人も少なくないはず。
続く冬イベも楽しみにしたいですね!
今回も沢山のコメントやアドバイスを頂き、記事的にも管理人の精神的にも大変助かりました!
感謝してもしきれません、本当にありがとうございました!


本来であれば素直に「楽しかった」と言いたいところなのですが、今回は手放しで喜べません。
以下、胸糞な内容になりますので、開示しないことをオススメします。

あぁっと!その前に一つ、今後のイベントでの攻略記事について。
今回と同じく最深部から書いていきます。
まぁ結局前半海域まで書けずに力尽きる訳ですがw
私自身早くクリアしたいというのもありますが、より沢山の方が壁にぶち当たる後半海域の攻略を書きたいんですよね。
艦これは戦略ゲー。戦略に当たる、編成や装備を考えるのが楽しみの一つです。
壁にぶち当たるまでは、自力で色々考えながら攻略するのも楽しいものですよ?
後付け言い訳乙!とセルフツッコミして締めさせて頂きます。











当ブログでは、頂いたコメントに全力でお答えします!
ご指摘、ご質問等ありましたら、お気軽にコメントをください。
一言感想コメントでも構いませんよ!




関連記事

コメント

No title
まとめ記事乙です!
今年の秋イベは確かに温かった!でもその分普段それほどやり込んでいない
ライト層もなんとかクリアできたのでは?という難易度だったのかなあ、と。
レア艦掘りはめぐり合わせが悪いとドハマりするものでしたが…
個人としては楽しくストレスなく仕事にも支障なく(これ重要)イベント参加
できたので満足ではありました。

冬イベはどうなんでしょうね?
アルペジオは別ゲー(World of Warships)とコラボするそうで、
多方面作戦をよしとするのか否か…そうなると自然とアニメ版艦これで
何かあるんじゃないかと。
時期的にはアニメが始まってからですかねー?
アニメが良かったら新規さん大量流入もあり得るのでしょうか…ログイン鯖…
年末年始も何かしらあるといいですね、
サンタコス艦娘や期間限定ボイスもいいですが。
何にせよ楽しみです、冬イベもアニメも。

長々と書いてしまいました。
記事更新毎回参考に&楽しみにしてます。
ではでは。
No title
>>名無し提督@リンガ泊地さん

乙ありです!
ライト層にも楽しみやすいイベントとなったのは事実でしょうが、自分たち古参のレベルが高いからヌルく感じられるのであって、烈風やハイパーズも揃っていないような提督であれば、かなりの苦戦を強いられたんでしょうね。
アルペイベについてはあくまで例えです。
要するに冬イベは鬼畜な難易度とならない可能性が高い、というのが趣旨になります。
文字で強調して分かりづらかったかもしれませんね…
アニメとのコラボ…それもありそうですね!
あとはvita版艦これ改発売と同時にシステムも一新されるようなので、その線も微レ存?
クリスマス関係も地味ではありますが楽しみですねー。
期間限定の那珂ちゃん、可愛かったなぁ。
No title
>明石さんの黒板

!!!!!!!

いや、大淀実装前は中の人流用でしたが
No title
>>3コメ匿名さん

!!
良く気づかれましたね。
逆に細かいところまで読んで頂いて嬉しい限りです。
ご指摘ありがとうございました。修正しました。

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ