支援艦隊の編成・装備をガチで考える

高難易度海域の攻略において良く使用される「支援艦隊」
もはや、イベント攻略に支援艦隊は必須であると言っても過言ではないでしょう。
近年、敵装甲がインフレ化を起こし、支援があったとしても突破が難しいのが現状。
逆に言えば、支援艦隊をより有効に活用することで難易度をグッと下げることも出来ます。
イベント前に、装備や編成を考え直してみましょう。

最終更新:2015年11月17日 一部修正加筆・内容強化

20150809X.jpg





編成・装備を考える前に

初めに(注意事項・補足)

・エコ支援の内容は一切含みません
(イベント最深部やEO等、難易度の高い海域を攻略する為のものです)

・表計算は全て四捨五入となります
(若干実数値と異なりますので、予めご了承ください)

・改造段階は艦名への表記の無い限り「最大改造段階」とします(図表を除く)






支援タイプについて

正直、面倒くさい内容ですので飛ばして頂いて結構です。
難易度の高い海域においては、「支援射撃」以外を選ぶ理由はありません。

空母系の火力が非常に高いため、空母が4隻投入出来る「航空支援」を検討している方がいらっしゃるかもしれませんが、これは攻撃方法を確認すれば直ぐにボツだと分かるでしょう。
支援長距離雷撃?知らない子ですね。


~ボツだと分かる航空支援~
・航空支援での空母の攻撃方法は、航空戦と同じ
 (各スロットごとに攻撃対象が選択されるため、敵一隻に与えるダメ期待値が低くなる)
・実用的な火力を望むなら、搭載数の多い正規空母の投入を余儀なくされる
・通常の航空戦と計算式が異なり、若干攻撃力が低めに設定されている
・航空戦故に、編成必須条件の駆逐艦が一切攻撃出来ない

とまぁここまで言っておいて何ですが…
分散して攻撃する分、ダイソン等へ割合ダメージをばらまける可能性がある利点もあります。
但し、支援の役割はダイソン以外の駆逐等の撃破ですので、支援射撃の方が有効に働くでしょう。


~支援射撃の利点~
支援射撃での空母の攻撃方法は砲撃戦と同様になります。
つまり、攻撃対象は一隻となってしまいますが、軽空母であっても火力キャップの到達が容易です。
また、空母の火力によっては、電探を多数配備することで高い命中率を叩き出すことが可能です。







使用編成について

言うまでも無く、支援タイプは「支援射撃」
編成条件は、ごちゃごちゃしてしまうので割愛させて頂きます。
火力値に最も期待が持てる「空母2隻・戦艦2隻・駆逐艦2隻」を使用します。





キラ付けについて

命中率・登場率ともに上昇するため、全艦キラ付け推奨です。
登場率向上は、データこそ取っていないものの体感レベルで感じられます。
命中率向上に関しては、下図を見て頂ければその差が分かるかと思います。
(キラ無しでの画像は無いので、ご自身の体験と照らし合わせてください)

ただ、「全てキラ付けをしろ!」というのも酷なもの。
突破出来ない敵にぶち当たった時に試行する程度の考えで良いでしょう。
ご存知かと思いますが、「決戦支援」においては旗艦のみのキラ付けでほぼ登場します。
取り敢えず道中支援に全キラ付け、それでもダメなら決戦支援のキラ付けも検討してみましょう。


▼5-5
20150428支援a-2

▼2015冬イベ
20150428支援a-1









空母について

空母の支援射撃における火力計算は「55+(1.5×火力)+(1.5×雷装)+(2.0×爆装)」
早い話が、基本的に艦爆の方が火力が高くなるので、極力艦爆を装備しましょう。
そして、量産可能な艦爆で一番爆装が高い「彗星十二型甲」を装備した場合の表がコチラ。

※単純計算で火力キャップ(146)超えが赤マス、超えなかったものが青マス
※鳳翔は3スロしかありませんが、その辺はご愛嬌と言うことで

20151117a.jpg

20150428支援b-4





装備配分について

支援空母の基本装備配分は「艦爆3・電探1」です。
(支援艦隊の仕様により命中率が低くなっており、電探で命中補強を図る必要があるため)
しかし、出来れば反航戦でも火力キャップへ到達出来る分だけ艦爆を配備したい…
そこで、火力の高い正規空母の出番というわけです。

「江草隊のような命中補正が付いているネームド艦載機が無い場合」
「32号水上電探のような優秀な電探が無い場合、或いは他の艦へ回したい場合」
このような場合は、正規空母を投入することで艦爆を2スロに抑えることができ、
比較的下級な電探であっても、2つ積むことで高い命中補強を図ることが出来ます。






【正規空母】使用艦艇・装備について

正規空母は軽空母より火力が高く、反航戦においても火力キャップを満たしやすいのが特徴。
「上位電探が無いので複数の下位電探で間に合わせたい」
「軽空母では火力不足なので、最大限の火力を発揮したい」といった場合に有効に働きます。


推奨は【大鳳・飛龍・蒼龍・翔鶴・瑞鶴】
艦爆2スロ装備でも、反航戦においてほぼ火力キャップの到達が可能となります。
この場合の推奨装備は「艦爆2・電探2」ですが、更に命中率を上げたい場合には同航戦キャップで妥協し「艦爆1・電探3」という選択肢もあります。

20150809w.jpg


逆に、上記以外の正規空母を使用する場合は火力がガクっと落ちます。
故に、艦爆2スロ以上が最低ラインであり、命中率の観点からも下記の案を推奨します。
・上級電探を1つ配備、「艦爆3・電探1」とし反航戦キャップ超えを狙う
・下級電探で賄う場合は、「艦爆2・電探2」とし同航戦キャップで妥協



20150809w-2.jpg





【軽空母】使用艦艇・装備について

推奨は【龍驤・隼鷹】 次点で【千歳・千代田】
軽空母は比較的火力が低く、艦爆3スロが推奨ラインとなります。
上位電探が少ない場合は、正規空母の電探を下位の物で賄い上位電探を軽空母へ。
それでも足りない場合は、「艦爆2・電探2」とし同航戦キャップで妥協するのも良いでしょう。

20150809w-5.jpg
20150809w-6.jpg


上記以外の軽空母は更に火力が下がるので、艦爆3スロが最低ラインとなります。
できる限り上位の電探で補うか、江草隊等を優先配備したいところ。
因みに、上記以外の軽空母で一番火力が高いのは龍鳳、それ以外は同数値です。


20150809w-8.jpg





補足

これはあくまで個人的な意見でソースも何もありませんが、
命中ステにも上限(或いは効果の薄くなる領域)があると考えております。
よって、必要以上に命中装備を積むのはやめた方がいいかもしれません。

以前、装備の優劣を付けて試行してみたのですが、大きな命中率の差は感じられませんでした。
余裕があれば過剰ぎみに積載するのも良いですが、バランス良く配分するのがベストかと思います。










戦艦について

戦艦を使用する上で気になるのが、フィット主砲及び過積載主砲の補正を受けるか否か。
有志の検証により「支援にフィットおよび過積載は存在しないと思われる」との結果が出ています。
当サイトでは検証は行っておりませんので、選択肢の1つとして覚えておきましょう。








使用艦艇

フィット砲を使用する場合は、フィット砲の火力が高い艦艇が有効。
過積載主砲を使用する場合は、装備による火力差が無いため素火力の高い艦艇が有効。
(「試製51cm連装砲」使用時は、長門型の火力が一番高くなりますので一考の価値アリ)

ただし、空母に比べ命中が伸ばしにくい傾向にあります。
命中は練度によって上昇しますので、場合によっては性能よりも練度を重視しましょう。
例えば「長門Lv50・霧島Lv90」といった場合であれば、私は後者を選択します。
但し「長門Lv100・霧島Lv120」といったように高練度でのレベル差であれば性能を重視します。



▼過積載主砲を積んだ場合の火力一覧
試製51cm連装砲はイベント報酬の他、ランカー報酬でも入手可能ですが、一般的に用意出来るのが
2個までですので、下表では2つとなっております。
なお、これを用意出来ない場合の長門型火力は177ですので、扶桑と同等になります。

20151117c.jpg




▼フィット主砲を積んだ場合の火力一覧
「支援艦隊に改修値・命中補正は乗らない」
「試製51cm連装砲のフィット外補正は少ない」
「扶桑型は41cm砲積載時においてフィット外補正を受けない」
といった意見も耳にしますが、ここで結論付けるのは難しいため一切を考慮しません。
また、フィット主砲を決定付けるものでもありません。あくまで一例としてご覧下さい。

20151117b.jpg






装備

戦艦は空母と比較し火力が伸ばしにくいため、火力確保の為に主砲3つが基本となります。
残り1枠は電探、比較的火力の低い金剛型や航空戦艦へは、Fumoレーダーで火力補強。
他、主砲については下記を参考に決めましょう。


▼過積載主砲orフィット主砲
実は、46cm三連装砲3つで霧島でも反航戦キャップ到達可能です。
つまり、過積載主砲を容認するのであれば、金剛型等でも十分な火力が出ます。
逆に、過積載主砲を容認しないのであれば、装備による火力差が大きくなるので長門型等が有利。


20151117g-1.jpg

20151117h-1.jpg






▼命中を伸ばすか否か
繰り返しになりますが、支援艦隊は命中率が低めに設定してあります。
これを試製主砲の命中補正で補うか、或いは装備に頼らず練度で補うか。
もしくはハブリットという手もアリ、下図を参考に何れかを選択しましょう。

20151117g.jpg

20151117h.jpg








駆逐艦について

使用艦艇

駆逐艦は、主砲による火力上昇値が低く、その影響を受けづらくあります。
他艦より各艦の性能差が顕著に出るため、性能を重視して選択しましょう。
下図は、火力ランク10位までのピックアップになります。


20151117i.jpg


駆逐艦は火力が低いため、与ダメ期待値も同様に低くくなっています。
どちらかと言うと、駆逐艦の役割はキラキラによる道中支援の登場率向上にあります。
道中支援に限り、キラキラが切れた場合には推奨艦を使用することよりも、キラキラが付いた艦を使用することに重点を置きましょう。





装備

前述の通り主砲火力が非常に低いため、全て電探とし命中補強を図ります。
但し、基本的には戦艦・空母の命中が優先ですので、余ったら装備するくらいの気持ちでOK
無ければ代替案もありませんので、僅かでも主砲で火力を上げておきましょう。

20150809-t-2.jpg











テンプレ編成(簡易まとめ)

「なるほど分からん!」という方は、コチラを参考に編成を組みましょう。
装備・艦艇が用意できない場合は、下位のモノに置き換えて頂いて結構です。

20151117q-2.jpg











最後に

支援と侮るなかれ!
前述の通り、支援艦隊次第で難易度をグッと下げることが出来ます。
攻略に行き詰まったら、一度支援の編成・装備等を練り直してみると良いでしょう。


当ブログでは、頂いたコメントに全力でお答えします!
ご指摘、ご質問等ありましたら、お気軽にコメントをください。
一言感想コメントでも構いませんよ!










関連記事

コメント

No title
記事ご苦労様です。
空母の火力ですが今は
(火力+雷装+int(爆装*1.3))*1.5+55
と推測されてるみたいです。まあ1点ずれるくらいですが。

支援用の空母ですが雲竜型もお勧めです。
低燃費なのに火力が雲竜48、他45とかなり高いです。
駆逐艦ですが決戦支援だと睦月型にしちゃうのもありかと思います。
敵が全部固くてどうせ装甲をほとんど貫通できないなら資源が少ないのがよかろうという考えです。
最低でもカスダメが入るのは昔確認しました。
No title
>>mastakosさん

さすが技術顧問ですね!
コホン…実はこの記事、途中まで書いて眠っていたお倉入り記事だったんですよ。
5-5記事で支援書くーみたいな事言ってしまったので、急遽引っ張り出してきて、後は突貫工事だったり…全然気づきませんでした、ご指摘いただきありがとうございます。
とはいえ、修正は大分後になりそうですね…

雲龍型については、改めて考えてみるとコスパ良さそうですね。
今回の記事では冒頭にあるように対強敵用の内容になりますので、低燃費関係には一切触れませんが、また一つ勉強になりました。
No title
初イベ(2014春)の時にわからなかったこと。
1.三式弾で何?
2.烈風ってそんなに数が必要なの?
3.支援艦隊でどうやってだすの?
です。

初心者には、遠征から支援艦隊をだすことがわかりにくいと思うので
そこらへんを追記すると初心者にもわかりやすくなると思います。
No title
>>MKさん

言われてみればそうかも…
人に教えるのってやっぱり難しいですね。
ご指摘ありがとうございます。
ちょっとスケジュール的に修正間に合うか分かりませんが…
No title
初心者の場合支援出したのに来ない
イベント海域ではなく通常海域の南方海域に出してたということもありそうなのでこの点も注意するように書き加えたらいいかも

>人に教えるのってやっぱり難しいですね。
これについてはわかってるつもりというのが一番の原因かな
こんなものだで済まして理解しているとそこを突かれると説明できなくなるため難しくなる、逆に自分が分ってるつもりで本当の意味で分かってないところを教えられるとも取れます

No title
>>5コメ匿名さん

基本的には中級者向けに書いていたのですが、内容的に初心者までフォローした方が良さそうですね。

>わかってるつもりというのが一番の原因かな
>そこを突かれると説明できなくなる
それなんですよね…記事書いてる途中でも「あれ、これってどうだったっけか?」と調べる事が結構あり、知識不足を痛感しております。
反面、仰る通り知識不足を知覚することが出来ますし、また勉強する良い機会にもなるのかなと。

ちょっとイベ前は厳しそうですが、出来れば当記事にもフォローを入れて行ければと思います。コメントありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
支援砲撃に徹甲弾効果は載るのでしょうか?
本秋イベE-3決戦支援で戦艦出した時に敵戦艦にカスダメ程度(計算上カスダメx3だったので駆逐のみ当てた可能性は低い)しか入らなかったので主砲1つを徹甲弾にしてみたらダメが増えた気がしています。
十分な試行をしていませんのでたまたまなのかもしれません。
No title
徹甲弾については以前まで掲載していたのですが、消してしまいました。
効果のアリ・ナシについては何とも言えないのが現状です。
個人の好みで選択して良いと思います。
No title
5-5編成中に参考にしました
もしかして蒼龍って彗星601空混ぜれば
2スロで反抗キャップ行く?

戦艦の火力調整は余ってるんなら
FuMo25とか15m2重測距儀とかも使っても良さそうね
No title
>>10コメ匿名さん

ざっくり計算で、彗星十二型甲+彗星(六〇一)=反航145なので微妙に超えないかもしれません。彗星(六〇一)×2なら反航146で超えるみたいです。
因みにFuMo積めば、彗星十二型甲×2でも反航147ですね。
小数点計算の条件等もありまして、実数値とは若干異なるかと思いますが。
艦種ごとの推奨装備まとめ画像が以前2chで話題になっていたかと思いますが、ウチでは記事が重くなりそうなので何とも…余裕があればやってみようかなと思っています。
No title
初めて9ヶ月になります。過去2回(2016 春、夏)は、丙作戦で攻略しました。
支援艦隊の、特に戦艦の装備で悩んでいます。
1. フィットがあるのか、ないのか ?
2. 電探の効果の有意差

次回は是非、乙作戦でクリアしたいと思います。こちらの管理人さんの体感(気がする)でかまいません。46cm三連装砲、41cm連装砲, 2本積み, 3本積みで体感の命中率はどうでしょうか?
命中率は、ダメージに置き換えてください。命中してもカスダメではしょうがないので、3-2-1 の戦艦のレベ上げにも射程調整の46cm三連装はためらっています。

体感でかまいません。意見をお聞かせ下さい。
No title
>>匿名さん

正直分かりません。
私は検証サイトを殆ど読まないものですから。
ただ、今まで(ツイッター等で)様々な編成を見てきた感じ「フィット主砲は無視して過積載主砲を積む」「電探を1スロのみ混ぜる」といった傾向が強く感じられます。
個人的な主観としては、フィット可否による命中の差は感じられず、また電探による命中の差も感じられていません。

上記から読み取れる通り、分からないからこんな感じの記事なんですよね…
取りあえず、個人的な支援戦艦の装備選定基準としてまして、32号電探(or命中+8電探)を1スロ用意出来るのであれば、過積載主砲で同航戦での火力キャップ(火力146程度)を目指しつつ、余剰が出るのであれば命中付き主砲を混ぜる、といった感じでしょうか。
因みに、電探が無いなら火力より命中を(あくまで命中付きの主砲で伸ばせる範囲で)、41cm砲or46cm砲(無印)であるなら間違いなく後者を選択します。

3-2-1については、味方の対抗戦力(空母や戦艦)が居ないのであればフィットで命中&命中装備で良いと思いますけどね(それでも過積載は余剰な気がします)疲労無視であれば2巡目ありきでしょうし、それこそ命中が活きてくる場面でしょうから。
No title
*12 で質問したものです。
ご回答ありがとうございました。参考にして試行錯誤してみます。
感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ