2015秋イベント アンケート集計結果! 各海域難易度選択比率・ギミックや輸送作戦に関する感想など

20151212b-9.jpg

大変お待たせ致しました!満を持してアンケート集計結果、発表です!




初めに

総回答件数は なんと759件!過去最多です!

ここまでご回答を頂けたのは本当に嬉しく思います。皆様、本当にありがとうございました!
尚、集計結果ですが「全て回答必須項目」としていないため、何れも合計で100%となりません。
予めご了承頂きますようお願い致します。



アンケートの結果について

このアンケートは、攻略サイトで情報を集める・共有することを日常的に行っているような層で、且つ割と面倒なアンケートに回答するだけのやる気を持っている提督の回答を集計した物となります。
必ずしも平均的な提督の結果ではない事を、予めご了承頂けますと幸いです。

20150306.png








難易度選択の比率

20151212b.jpg


一番多い項目が赤色となっています。まさに紅一点、もとい甲一点ってか?
何れの海域も甲選択率が一番高く、他イベントと比べて難易度が低かった事が伺えます。
難易度選択システムが実装された2015冬イベと比較し、その他のイベントは最深部へと向かって甲選択率が上昇しており、中盤は無理せず丙乙、終盤は甲勲章を目指すといった傾向が強いようです。


20151212b-2.jpg



丙・乙が増えてくるのはE-3から

駆逐艦を基幹とし主な戦力は航戦・航巡。
有効な攻略法にはあきつ丸が挙げられるという、比較的初心者には揃えづらい構成。
輸送作戦故にゲージを削りきれば撃破せずとも良いのですが、水母棲姫が登場するため勝利し辛いという背景もあります。突破報酬にもそこまで大きな差が無かったため、甲以外を選択した人が増えたのではないでしょうか。


続いてE-4も増加

今までにはあまり無かった潜水艦がBOSSという珍しい編成。
イベントへ向けて用意される事の少ないであろう対潜装備が多数必要とされ、且つギミックを解除しても対潜装備が少ないと厳しいことから、甲以外を選択した人が増加したのではないでしょうか。
E-3に比べ増加量が少ないのは、甲報酬にFw190T改という烈風上位互換の装備が含まれること、続く最深部での甲勲章取得を目指した結果であると推測されます。


E-5は逆に甲が大多数に

甲勲章取得のため甲が多くなる事には予測が付きますが、それ以上に影響を与えたのはPT小鬼群の存在でしょうか。BOSS編成のPT小鬼群が、甲より丙の方が多いという逆転現象があり、且つ命中率に修正が加えられたにも関わらずそこまで変わらなかった背景から、甲以外を選択する価値があまり無い状況に陥ったのではないでしょうか。










イベント難易度について

難易度に対する感触

設問原文:イベントの難易度設定についてどう思われますか?

20151212b-1.jpg

前項から、比較的高い難易度では無いと予想されましたが、回答は「妥当」がトップに。
「妥当」は2015夏イベを除いた他イベントと殆ど同等の数値に収まりました。
比較的 低難易度であった2015春イベにおいても「妥当」の回答が一番多く、このことから一般的にはそこまで高い難易度は求められておらず、中難易度を求める声が大きいと判断することが出来ます。

▼各イベントの「妥当な難易度だった」回答数
【2015冬:52.0%】【2015春:43.6%】【2015夏:25.5%】【2015秋:59.5%】





今後の難易度について

設問原文:今後のイベント難易度はどうあるべきだと思いますか?

20151212b-3

前項では、中難易度を求める声が大きいと予想されましたが、
「難易度に強弱をつけて欲しい」という回答が大多数となりました。
高難易度であった2015夏イベアンケにおいても「一年に一回くらいはOK」という回答が大多数を占めており、このことから普段は中難易度程度に抑え、一年に一回は高難易度のイベントをやりたいという意見が多いことが分かります。
但し「平均的にして欲しい」や「もっと易しくすべき(2015夏イベアンケ)」との意見も100件(18%)程見られ、この傾向を望んで居ない提督も少なからず居るようです。







輸送作戦に対する感触

設問原文:輸送作戦に対する感触を教えてください

20151212b-4.jpg

この設問は複数選択可、①単体は236件、①+②or③は93件、②+③or単体は260件(以下略
「新鮮で良かった」も多くありますが、良いと思いつつも不満点がある人や、不満のみを感じている人の合計数の方が多く、全体的に不満点が多いことが読み取れます。

特に何れの組み合わせ(或いは単体)も「だらだら続くだけの苦行だった」を選択する方が多く、厳しい編成縛りの中で改善出来る点も無く、試行し続けるしか無いため、作業ゲーが続いたと感じたようです。この辺は「艦種が限定され厳しかった」にも共通する内容でしょう。

一方で「普段活躍の場が少ない駆逐艦を使用出来て良かった」と好感触を持つ提督も居るようです。また「編成条件を変えてやれば良いシステム足りえた」という意見もあり、今後の改善に期待が持たれるシステムだと感じた方も居るようですね。


▼その他の意見
・戦力重視、輸送量重視を提督が決められる点が良かった

・ボスを必ずしも倒さずクリアできる点は良

・こちらの戦力に対する敵の強さがまったくバランスを考えられておらず楽しめなかった

・史実に比べ艦種縛りが厳しすぎる。第1艦隊に軽空母程度は入れられてしかるべき

・輸送作戦は力押しだけでない作戦展開という演出としていいアクセントになっていました

・「ただ敵を倒すだけ」というマンネリを打破してくれたのではないのでしょうか

・今まで主力になる機会があまりなかった駆逐がメインになる作戦という点は良かったがA勝利で良い為支援だけで十分だったりラストにボスが変化したりしないので作業になりやすいと感じた









ギミックに対する感触

設問原文:ギミック(装甲破砕効果)に対する感触を教えてください

20151212b-5.jpg

この設問も複数選択可ですが、その殆どが①+別の項目を選択しています。
また、①単体での回答も多く、ギミックの改善について好感触である提督が多いようです。
但し、E-4の機動部隊でしかギミック解除の可否を確認出来ない問題もあり「解除方法・解除表示をもっと明確にすべき」との声も多くなっています。
他意見では、解除時間を緩和するか、そもそも無くして欲しいといった意見が多くありました。


▼その他の意見
・次は帽子だけじゃなくて服も脱がせてください

・ギミック解除自体、ボス撃破よりも難しい

・使わなくても倒せるが使ったら倒しやすくなる現状が良いと思う

・特定艦なしでも確定でJにいけるようにすべき(E-4)

・ギミック未解除での難易度を上げ、かつギミック解除の方法を簡単にすべき

・ギミックも夏のような長期間イベントなら休みを取ったり、休日をゲームに費やす日も作れるので楽しみにできますが、今回の時期と規模で2つの海域で仕掛けるのはちょっと疑問です。










満足度

設問原文:貴方のイベント満足度を教えてください

20151212b-6.jpg


概ね各イベントと同じ傾向であり、大きな差はありませんでした。
但し「満足」の件数が若干減少し「不満足」の件数が若干上昇しています。
傾向的には2015夏イベに近く、他イベントより不満を頂いている人が若干多くなっています。

通常、難易度の高いイベントは不満足の件数が多くなり易い傾向にありますが、今回のように比較的低難易度のイベントにおいて不満足の件数が増えてしまったのは何故か。
それは、次項の感想から読み取るに、掘りや新艦ドロップに関する問題でしょう。











イベントの感想

掘り周回・新艦ドロップについて

とにかく一番多かったのはコレ。
新艦との邂逅可否によって、文章から読み取れる満足度に大きな差がありました。
特に不満が多かったのは、お察しの通りグラーフ・ツェッペリン。
難易度によるドロップ率の変化も少なく、且つ全体的に低めの設定であり、最後まで邂逅出来なかった提督がチラホラ見られました。彼女については、ドロップでは無く突破報酬にすべきとの声が多くありました。


・雪風提督と扶桑提督の差が開き過ぎ

・無事、新艦全てをドロップすることが出来たので満足

・プリンツオイゲンなどの過去のイベ艦のドロップ率はもっと上げるべきだった

・輸送作戦はいい試みだと思いますが掘りで輸送船団でのS勝利を要求するのはどうなのかな

・大型艦はドロップではなく、イベント報酬のがいいなと思いました、 その方ががんばって攻略しようって気持ちにもつながると思うのです

・ドロップ率は低いとは思わなかったが、クリア後は削り時より更に敵を弱体化させるなどの緩和策があってもいいのではないかと感じた

・グラーフ掘りドはまり(100周以上)のためにイベント攻略が一週間止まってしまったのでE5にたどり着くころにはすっかり熱が冷めており、難易度の低さも手伝って最終マップを消化試合のように感じてしまったのがもったいない。 以前から要望の多いクリア後の難易度選択ができれば、掘りを後回しにして作戦ごとのシチュエーションを楽しめたのに・・・と残念でならない。






特定艦によるルート固定

以前からある史実艦によるルート固定ですが、今秋イベにおいては最大5隻ものルート固定要員が必要であり、この点に不満が出ています。輸送作戦で艦種が水雷戦隊に縛られることからも、編成の自由度が低く不満感を持った方が見受けられました。


・E2の最大5隻史実艦でルート固定というのも、 「気に入ったキャラだけ育てたい」キャラゲー組には、 運営からダメ出しされたとも取れる。

・旗艦軽巡指定が多いのを含めて、やらされてる感がした 自分は好きな艦で作戦攻略をしたいのであって、史実艦隊で史実作戦を再現したいのではない






PT小鬼群について

修正されても尚攻撃の当たらないPT小鬼群。
有効とされている駆逐艦の攻撃、副砲等を用いても当たりづらく、且つ戦艦等の攻撃が吸われてしまい、ストレスしか感じられなかったという意見が多くありました。

・戦艦の攻撃はPTに吸われるのはイライラしました.あるいは今の仕様なら駆逐艦の攻撃はほぼあたり,必ず撃破するぐらいのメリハリを付ければいいと思います.魚雷艇を駆逐するのが駆逐艦ですから

・武装選択が4つしかないという、史実艦艇に比べて一部しか兵装を使えないという圧倒的におかしな状況で、史実より柔軟に運用されている敵PTボート群というのは…






全体の感想として

ここまで不満意見に偏っていますが、実際2015夏イベ並に不満が多くあります。
但し、不満を述べつつも「斬新なシステムがあって楽しめた」「時間の無い提督にとってギミックナシでも突破出来る難易度は良かった」「過去イベで掘れなかった艦艇をドロップすることが出来て良かった」といったような好感触を示す感想も見受けられます。


・前回イベントでの問題点はしっかり改善されていたのは素晴らしい。 輸送ゲージの発想は面白いので、次回イベントではより煮詰めたシステムを期待します。

・たまには水雷戦隊も活躍させてあげたいので こういったイベントも悪くないと感じました。

・全般的にはサクッと終われて時間がないアラフィフ提督には良かったです。










当ブログへの感想

20151212b-8.jpg

多くの応援コメントを頂きありがとうございます。
こういったコメントこそが記事を書く原動力であり、励みであります。
好感触の回答が多くなっていますが、これは当ブログで行っているアンケートですので当たりまえ。
この結果に甘んじず今後も精進して行きたいと思います。



簡単な回答

▼サムネが記事リンクになっていない
前記事より対応致しました。サムネクリックで記事本文へ飛びます。
他ブログをあまり見ないもので、利便性への配慮が足りなかったのかもしれません…
尚、修正に関しては画像に対するリンクURLを変えただけであり、過去記事は未修正です。
仕様変更については、色々と難しい面もありますのでご容赦頂けますと幸いです。


▼イベント初期海域の攻略も書いて!
RTA参加勢である背景から、最深部より書き始めるのが通例になっております。
出来ればE-1まで書きたい所ですが、他ブログ様が既に書き上げていることによる需要の低下や、多くの方が難航するであろう後半海域を重点的に攻略していきたいという個人的な想いもあります。
可能な限り対応致しますが、こういう特性もあることをご容赦頂けますと幸いです。


▼グラーフ解体掘り、ネタだから許してというのは見識に欠けるかと
申し訳ありません、今回の問題は段々とエスカレートしてしまいました。
掘り周回が難航している方に対しての配慮が足りなかったと反省しております。
この場を借りて、不快感を感じられた全提督にお詫び申し上げます。


▼アンケの設問にもっと工夫が欲しい
個人的に、他には無いもっと特殊な設問を設けたい所ですが、繁忙期故にあまり時間が取れませんので、今回は簡単な内容と致しましました。今回は…申し訳ないです。時間の取りやすい春・夏イベにご期待ください!


▼綾波轟沈、ご愁傷様です
それ俺じゃない、俺は加賀轟沈提督です(白目
加賀轟沈から主力全艦補穴あけダメコン配備で完全復活を遂げたUCの「某課金貫通ブロガー」で覚えてください。流石に5人も勘違いされている方がいらっしゃるとね…









最後に

少々不満の多くなってしまった秋イベですが、新しい試みに不満が出ない訳がありません。
今後、良いシステムへと改良していくためにも、様々なユーザーの意見を取り入れて欲しいですね。
なお、同時に集計したました消費資材につきましては、通例通り別記事で後日公開致します。
今しばらくお待ち頂けますと幸いです(多分来週になると思いますが…)

管理人の個人的な感想はコチラ⇒2015秋イベントの感想や課金額








関連記事

コメント

イベントの感想について
アンケート集計お疲れ様でした。

記載させていただいたコメントが記事に掲載されて密かに喜んでます。
ありがとうございます。

記事中の不満足の件数が増えてしまった理由についてですが、同様に難易度が低く
大型艦のローマが掘り対象であった15春イベ満足度と比べてかなり低いことを鑑みるに
PT小鬼群のせいではないかと感じるのですが如何でしょうか。

ちなみにアレは同名でステータス違いがあることから姫・鬼級の扱いのような…
(まぁ一般敵でもヲ級だけは同名でステ違いありますけども、、、)

ピクシブ百科事典のPT小鬼群に掲載されているイラスト『15秋最凶の敵?』が
まさに正鵠を射ていて、(小破で)吸引力が下がる戦艦棲姫と比べて
(小破しづらく)吸引力の変わらないアレは真のダイソンと言えるかも
No title
集計作業お疲れ様でしたm(_ _)m
700件オーバーとかww

まぁ今回のマップだと色々不満も出て当然とは思いますけど、単純にクリアだけならうちのような中堅?程度でもそんなに時間かからなかったので難易度的にはどうなんだろう。堀りは後回しにする人間なのでE4掘ってたせいでクリア出来なかったっていうの見ると??とは思いますが…
PTは文句出てもしょうがない。調整前も後もフラストレーションの原因でしょうw

綾波轟沈提督と間違えてるのは笑ってしまいましたw
いや向こうの提督は本当にご愁傷様と思いますが^^;

何はともあれひとまずお疲れ様でした。冬イベも楽しみDeathね!
No title
アンケ集計&記事更新お疲れさまです

結構「やらされている感」(強いられているんだ!(集中線))を持たれる方っていらっしゃるんですね…ゲームってそういうものだと思っていました。
そういう感じがしないのってプレイヤーをうまくノせてくるゲームだったり、プレイヤー自身のハマり方にもよりますし。
個人的には2年ちょいこのゲームをやってるとさすがに「エエ加減に撤退してもいいかなぁ…」という時もたまにあります。

不満が多いのってユーザーの多い証拠だったり、上で挙げた「プレイヤーのゲームに対する熱の度合い」なのだろうなとアンケ結果を見て思いました。
運営はイベ毎やアプデだけでなく毎日がユーザーとの勝負であることを忘れずに管理運営して欲しいものです。全く不満の出ないゲームなんてありえませんし、どう舵を取っていくのか見ものですね。でも角川だからなぁ…

ともあれイベ記事もアンケ集計も重ね重ねお疲れさまでした
No title
>>ブルネイの万年大将さん

うーん、難しいところですね。
PT小鬼群の仕業という点もあるとは思いますが、それ以上にグラーフ掘りに関する不満が多かったんですよね。恐らく春イベとの違いは一般的な休暇であるか否かでしょう。春はGWにより長期休暇を取っている方が多くありましたが、秋は休みどころか寧ろ繁忙期ですからね…

PT小鬼群については、近づかれると危険だから弾幕張ってる、とか史実要素がありそうな気がしないでもない(まったく調べてないですけどね)
攻撃を当てればカスダメで削れて、夜戦時にはダメージがしっかり通るダイソンの方が可愛く見えてくるのは私だけでしょうかw



>>かりもふさん

感謝感激雨霰ですね!四腕さんの所には遠く及びませんがw
「クリアだけなら余裕だった」という意見も見られましたが、「拍子抜けでやりがいを感じなかった」「掘りでクリアどころの話ではなかった」という後付けが多いですね…

私も同じく攻略を先に済ませてしまう派ですが、グラーフは各難易度でのドロ率の差が少ないとの情報が前面に出ていましたし、甲勲章を目指す方はE-4乙以上でクリアしなければならないため、丙掘りを先にしてしまおうと思った方が多かったのではないでしょうか。

難易度によるドロ率の差や、攻略後の難易度変更が出来ない点に関しては、以前から不満の集まっている意見にも関わらず、対応が微妙なのが納得できませんね。毎度言っていますが、この辺は何とかしてほしいところです…



>>名無し提督さん

ゲームの性質上、そういう傾向になってしまうのはしょうがないことかとは思いますが、今回の新システムに関してはもう少し工夫すれば多少なりマシになったのになぁ…といった感じです。

私のようなマゾならこのままでも良いのですが、艦これもサービス開始から2年半近くが経ち、折り返しといっても過言ではないので、今後の身の振り方をもう少し考えてもらいたいと思います。

ギミックに関して今回大幅な改良が施されたので、輸送作戦についても次回に期待したいところです。
No title
集計ご苦労様です。
やはりPT小鬼群(恐らくE-4-Mマスでのプリンツ掘りのせい?)とグラーフ掘り(低ドロップ?)の不満が多いんですね。(Wikiグラーフ項目での阿鼻叫喚ときたら...)。
自分は幸いにもE-4・5はギミック解除無し(E-5ボス戦でもPT小鬼群には2回位しか会わず)でクリアでき、グラーフ・嵐掘りも許容範囲内(GZ:丙42回出ず→クリア優先で甲に切り替え1回で出る、嵐:E-5攻略後15周回でドロ)で回収できましたので不満は余りないのですが、何か後味はスッキリしませんね。

冬イベまで約2ヶ月(2月上旬?)しかありませんが、次回も頑張っていきましょう!次は温くないでしょうから...
No title
朝霜、海風を掘れなかった身としては、過去のイベ艦のドロップ率はもっと高くて良かったという意見に賛成ですね。
またトラック提督としてはイベント期間中にサーバー接続できなくなったのは痛かった。
イベント期間延長といっても、平日が増えたところで社会人提督としては堀れる時間は無いので、他サーバーとの不公平感がありましたね。
ギミック再生が無いのはボス以外での堀には関係ないですし...
命中up装備が積もると・・・
>PT小鬼群については、近づかれると危険だから弾幕張ってる、とか
>史実要素がありそうな気がしないでもない(まったく調べてないですけどね)

あれは、元ネタであろう米軍の魚雷艇が、
駆逐艦の1/5以下の全長と小さいうえ、最大速は「島風」より早かったので、
超高回避で当たらない設定にしたかったのでしょう。
この性能は、水冷軍用機エンジンをボート一隻に3台も積むという、
高出力エンジン量産技術が土台になっています。

日本の旧軍の場合、他国の魚雷艇の船体は再現できたものの、
小型強力エンジンが揃えられなかったので、当時は魚雷艇が脅威となりました。

私の2015冬イベにおきましては、E5乙掘りで主にPTの相手をする事に。
最初は撃ち漏らすと厄介でしたが、高回避な赤駆逐の延長として捉え、
支援艦隊含め、命中に装備を振っていったら、2-3キラ載せておけば行ける感触でした。

約1年前のイベント攻略艦隊の編成を再見する機会がありましたが、
練度は意外と伸びておらず、むしろ32,33,22改四レーダーが揃い、
駆逐主砲まで命中補正つき装備に変わっていた点が、大きな違いでした。

今回のE5乙掘りでは、決戦支援艦隊の軽量化も試し、
最終的には駆x2軽空x2重巡x2の砲撃支援で、
軽空2の1スロット目に高命中艦爆入れた以外は、全て33,32電探で埋めていました。
重巡など、加古改二と古鷹改二でしたが、32電探x3x2隻で使って、
金剛型戦艦x2と撃破数に大差なかったです。大体2隻位。

どれだけ、1個づつ集めて来たレア装備による「命中up装備ガン積み」が、
今回PT対応に求められたかが窺い知れる周回結果でした。
12月でも「秋」でした。
>私の2015冬イベにおきましては

艦これ運営的には、今回「2015秋イベント」ですので、訂正しておきます。
No title
集計お疲れさまでした。私事ですが、初の甲割りなイベントでした。
今回の問題点はやはり「堀」が辛かった、だと思います。
(嵐は諦めました。時間的にw)

今後、過去に出たドロップ限定艦は次回イベントでは大盤振る舞いして欲しいかも?
アルペジオみたいな、初心者にも優しい「バカ」なやつをやってみたいですw

PS:後は「ホッポ&PT」な、事案発生ラスダン希望しますw
No title
集計及び記事の作成お疲れ様です
今回の新規艦では嵐諦めまた
嵐よりプリンツ優先したためですが肝心のプリンツも出ずに終わりました

長い間入手機会のなかった報酬艦などは未所持限定だけでも確立を上げてほしい


No title
>>三航戦さん

うーん、怖いからwikiを見るのは止めておこう…
今回はドロップ出来なかった方が多いですが、どこかに差があるのでしょうか。まさか課金額の多い提督はドロップ率が向上するとか…それなら自分に当てはまるし…うん無いなw




>>近衛良嗣さん

新艦?風雲?知らない子ですね(今回も掘ってません
サーバー落ちたのは土日でしたっけ?私はもう5-4周回に戻っていた頃なのでまったく支障はありませんでしたが、その辺も加味して対応してもらいたいですね。
繁忙期故にか、イベント実装日は特にネコらずすんなり入れたので個人的には満足しています。



>>朗近さん

何というか…Gみたいですね…ちょこまかして当たらないし。
しかし、ボートと聞くと魚雷が当たりづらいイメージがあるんですよね。船底浅そうだし。今回は加賀さんの艦攻による攻撃が良く刺さったイメージが強いのですが…
PTといえば、「せや、支援艦隊を駆逐マシマシにしたら攻撃当たるんやないか!?ワイ天才や!」と閃いて編成条件見て自分のアホさ加減に気づいた裏場面もあったりw
自分のところで変わったことと言えば、支援においてはあまり無かったり。
一年前から32号電探は必要数集まっていましたし、高火力の五航戦改二甲も結局本隊に回してたので使用しませんでした。敢えて言うなら暁改二で微増ながら火力が上がったことでしょうか。
今後は支援艦隊のレベリングも行って行きたいですね。



>>@舞鎮さん

グラーフは置いておいて、過去に実装した限定ドロップはドロ率をもっと上げるべきですよね。特にプリンツ・秋月・イタリア艦。牧場防止したいなら、所持者のテーブルから外してやれば良いワケですし、今回のドロ率は残念としか言いようがありませんね…



>>10コメ匿名さん

おうふ…まったく今回のドロ率設定は不満しか出てこないですね…
今までドロ率に関するテコ入れは あまりありませんでしたが、流石に今回は不満が多いので運営さんも対応してくれると信じて待ちましょう…
No title
集計お疲れ様でした。
おおむね予想どおりグラーフ堀が不評でしたね(150周したので気持ちはわかりますw。喉元すぎれば…な性格なのでドロップしてしまえば笑い話ですが)。

個人的には,運営側が長時間プレイしているユーザをどこで優遇すべきか試行錯誤しているような印象を受けています。
2014夏までは最終海域突破提督=長時間プレイユーザだったんですが,難易度を選べるようにしたので,それが成立しなくなったんですよね。
そして,2015春からドロップに駆逐艦以外が入ってきて,たくさん周回できる人=長時間プレイユーザというふうになっている気がします。
運営の狙いがどのあたりにあるのかはわからないので(短期的にユーザ全体の満足度を上げることがいいとは限らないので),想像の域は出ませんけどね…。

あと,E-4は一応大淀さんが「機動部隊などを主力とする西部方面派遣艦隊」と指示しているので,機動部隊でしか確認できないことも含めてギミックだったんでしょうね。

神通棲姫は冬イベのラストダンスでイキイキと探照灯照射してそうで今から戦々恐々です…
No title
>>believeさん

なるほど、そういった考え方も出来ますね。
しっかし、元々ライトユーザ向け(たぶん)なゲームなので、長時間プレイ勢よりライトユーザーを優先すべきだと思うんですけどね。
まぁ長時間プレイ勢の方がお金は落としてくれるハズなので、粗末に扱う事も出来ないわけですが…甲勲章のありがたみも落ちてきているので、そろそろ何か別のモノを考えないと行けない気がします。

>E-4は一応大淀さんが…
そうなんですけど、初めから水上部隊を編成不可とするか、水上部隊の方が攻略が難しくなるような措置をするべきなんじゃないかなと。機動部隊はルート固定が比較的発見しづらいものでしたので、その辺も物言いたいところです。
No title
うーん、グラ子よりも嵐を最優先としていたわたしって、やっぱり異端なのかしら...。 そのおかげか、今回わたしはE-4乙掘りをやっていても苦にはならなかったですねぇ。もちろんグラ子は逃しましたが!www ちなみに111周目にユーちゃんと会いました(下二桁が同じぞろ目なのは何かの縁か)

まぁそんな結果だったので乙掘りに「逃げた」わたしの戦術的敗北で今回のイベントを終えた訳ですが、個人的には不満が少なかったイベントでした。きっとグラ子はいつでもいいやと思っていたからヘイトが溜まらなかったんでしょうね。
とはいえボスS勝利なのに銀背景が6割強(個人調査の結果)という設定はやり過ぎだったかも。甲だとどうだったんでしょうか。ちょっとななさんに聞きたいかもw

掘りに並ぶ悪い要素のPT小鬼郡にも様々な意見がある様子。わたしはE-5以外でやり合っていないのであまり実害を被ってないのですが、上の方のコメにもあるように小さい船体に40ノット出せるエンジンを積んだ船なんだから、あの当たらないって仕様はむしろ当然だと思うんですよ。でも史実に拘りを持っているであろう運営が今後調整をかけるとは思えないんですよね。

艦これをプレイする度に様々なヘイト要因が生まれますけど、わたしは最近それら全てをひっくるめて「これが艦これなんだ」と思うようになりました。悟りの境地とでも言いますかw そんなだから不満も無く穏やかな気持ちでイベントをやっていたのかな。ちょっとこの心境で前回のイベントやり直したいかもw

最後になりましたがまとめ記事作成お疲れ様でした! 次は数字まとめ? 楽しみにしてますね。またそちらにもコメさせていただきます(手短になるとは言っていない)
No title
>>高町神月さん

どっちを優先するかと問われれば、特別性のある方を優先するでしょうね、私なら。ですが、E-5攻略した流れで編成を忘れないウチに掘りをしてしまった方が良いと考えることも出来るので、決して異端ではないと思いますけどね。

ドロップに関しては、グラ子掘りの記事に少しだけ別のドロップも載っています。戦艦のドロップ率が高く、私は金背景が多かったみたいですねー。
まぁグラ子、まるゆ、ゆーちゃん以外は私にとって外れですので、特に気にしたことはありませんがw

>それら全てをひっくるめて「これが艦これなんだ」
私もそんなに変わりませんよ?
ぶっちゃけ記事書かなければ、個人的に結構楽しんでいたのでそこまで不満はありません。記事にしようと思うと悪いとことがポツポツ出てくるだけでw ですが、こういった意見を公表していかないといつまで経っても改善されませんし、ユーザー離れの原因になりかねないので、自分が好きな艦これを続けていくためにも意見を書いてみようと思った次第です。

瑞雲系にPT向け仕様でも
>あの当たらないって仕様はむしろ当然だと思うんですよ。
>でも史実に拘りを持っているであろう運営が今後調整をかけるとは思えないんですよね。

単なる思い付きの部類ですが、
瑞雲系を連れていくと、PTから狙うし当たるようにする。

要は陸上基地型ラスボスに対する三式弾の設定の、
空から海へ版でもつけておけば、
瑞雲自体は入手が極端に難しい訳では無いし、一定の落としどころになったのではないかなと。

いくら魚雷艇が水上で小さくて速いといっても、
航空機間の銃撃戦に比べれば止まっているに近い(ヘリから高速道路の車を見るようなもの)ですし、
機銃掃射されるだけで(防弾は無いに等しく)沈む類でもありますから。
加えて、魚雷艇も水上爆撃機も、
太平洋では、大規模な基地を設営しづらい境界域で使われた史実もあります。

更に、図鑑未登録艦狙いならA勝利でも出す位までしておけば、
いわゆる「ワンパン・妖怪1残し」系の徒労・イライラの種は相当軽減できるのではないかと。

ただ、コンピューターゲーム以前から
(僅かな数値や画像に、プレーヤーがロマンを乗せる)ボードゲームにはまっていたという
運営からすれば、HOI2(第二次大戦各国再現シミュレーション)における、
(最善を尽くしたうえで、独ソに同時侵攻されないというリアルラック頼みという)「ポーランドプレイ」の様に、
「馬鹿な真似、狂気の沙汰ほど面白い」と思っている感が無きにしも非ずなので・・・

リアルラック試すサイコロ設定に
(プレーヤー側の戦果稼ぎならぬ)運営としてのDAU稼ぎ方針がそのまま載せられると、
運営自身にレアドロップ艦増加で「倍プッシュだ」と言われているようで、
「何の得がある?」と震える感もありますね。
No title
グラーフは十分なドロップ率が確保されている、甲でもS率はかなり確保できると思ってグラーフ堀に向かった人は少数派なんですかね
あと、この手のゲームの図鑑完成はやりこみの領域にあるって考えが無さそうな人が多い気がしました今回
はたして何人が掘れなかった理由を考えて戦力増強に走るのかが興味があります
図鑑コンプしたいならやりこまないと
No title
あーちょっと言葉が足らなかったかも。グラ子よりも嵐が欲しかった、個人的レアリティとして嵐のほうが遥かに上だった、絶対欲しかった訳じゃないから掘りも苦行じゃなかった、そういったことから異端かなって。他にもいらっしゃるでしょうけどね、こういう考え方w

>戦艦のドロップ率が高く、私は金背景が多かったみたいですねー。
掘り記事のは拝見いたしました。その上で聞いてみたかったんです。まぁ何というかやっぱりというか...ドロップテーブルも結構違う様子。次回からは攻略途中の丙(乙)掘りを止めて、攻略後の甲掘りをすることにしますわーwwww

>私もそんなに変わりませんよ?
そうでした、ななさんも何だかんだで楽しんでますよねww
去年の夏イベでこのゲームの仕様?に打ちひしがれて以来、長い歳月を経てようやくこの「システム任せ」なゲームを楽しめるようになりました。「ワンパン大破→ウェーイwwww」みたいなw


>朗近さん
すいません、ちょっとこの場をお借りして。
瑞雲に着目するのは面白いですね。でしたらこちらは「機銃」を推してみようかなw 駆逐たちが潜水艦へ攻撃対象を移すように、どの艦も機銃を装備していれば小鬼たちに攻撃対象が移る、即ち「機銃一斉掃射して蹴散らす」ですw
攻撃エフェクトはいつもの主砲の砲撃にしておいて、タゲ変更のための装備というイメージで。もちろん敵さんの回避はそのまま、だけど命中さらにアップみたいな特殊効果付き...ってのはどうだろうか?

>「馬鹿な真似、狂気の沙汰ほど面白い」と思っている感が無きにしも非ずなので
>リアルラック試すサイコロ設定に運営としてのDAU稼ぎ方針がそのまま載せられると
この前の夏イベがまさにそんな感じじゃなかったかなと。やり過ぎは正直良くないって思っていますが、心境の変化か「これが艦これなんだ」と思うようになっちゃったからなぁw
とはいえ度が過ぎるとユーザーが離れちゃいますからね、こういった媒体で可能な限り発信しないと、ね?ななさん!www(他力本願)
No title
>>しらかわゆうさん

私も個人的にはこれくらいの掘り難易度・ドロップ率が丁度良いやり込み要素となって良いかと思います(だから個人の感想記事では掘りに関して一切触れてなかったり)
しかし、ゲームのコンセプトがどうあれ、ユーザーが満足しなければ批判が増えてしまうのは避けようのない事なのかなと。
特に今回は、一般的に集中してプレイ出来る期間でも無いのに、特殊な艦艇を突破報酬では無くドロップとして配置したこと、過去のイベント限定艦の掘り難易度・ドロップ率ともに芳しくないことから、多くのユーザーがストレスを感じているようですし…
といった背景から、少し配慮が足りなかったのではと思った次第です。




>>高町神月さん

執着心が少なければ少ないほど、必死になって掘り ストレスを感じることもありませんし、出なかった時のショックも少ないですからね。うん、やっぱり良く分かってないかもw

私にとってイベント限定艦を手に入れることは当たり前の事になっていますが、駆逐艦に対する執着心は皆無に等しいですね。だって時津風とかまだレベル20ですものwww 特別な性質が無ければどうでもいいけど、取り敢えず新しいモノは貰っとこうといった感じですw




>>朗近さん・高町神月さん
そもそもの話、小さいターゲットに対して主砲や魚雷をヒットさせるのって、どう考えても厳しいですよね。まさに二階から目薬。
目薬をシャワータイプに換装するか、ヘリで目薬散布すりゃエエねん(てきとう
機銃にしろ艦載機にしろ、特定の装備を積載した艦艇のみ、高い命中率の特殊攻撃を行う程度の落としどころは付けるべきだと思いますね。
PT殲滅支援部隊とかあっても面白いんじゃない?w
No title
PTは結構嫌われているんですね。個人的にはほとんど印象に残っていません…。

思うに,E-2,E-3はルート固定で行ったため遭遇せず
E-4はギミック破壊でそれぞれのマスで1度ずつだけ
まともにやりあったのはE-5だけ(嵐は堀2周目でドロップしたためほぼ掘りなし)
とあまりぶつかっていないせいですね。

E-5だと,私の艦隊(全艦キラ付け)ではボス到達率がちょうど2/3だったんですが,司令部を使えない通常艦隊での最終海域ということを考えればまあこんなもんかなという感じで,とくに不快には思いませんでした(もしかして調教されてしまっているのか…)。

どちらかというと,この率の海域で堀があったのが問題なんじゃないかと思ったりしています.それでPTが嫌われたのかなと。
E-4もプリンツ掘ったかどうかでだいぶ印象が変わりそうな気がします。
No title
>>believeさん

「え?寧ろE-2・E-3に居たの?」って感じです私はw
E-4も遭遇こそしているものの、結局ゴリ押しだったの気にならず。
E-5はマジでストレスでしたね…修正があった後も対して変わらんと言われていますが、修正前は当たったら奇跡という程当たらなかったので、副砲積まずに20.3cm砲積んでたくらいです…
PTに対する不満があったのは事実ですが、グラーフ掘りに対する不満の方が多かったのでそこまで目立ってはいないですね(アンケ上では)
No title
>あと、この手のゲームの図鑑完成はやりこみの領域にある
入手って入口だよね
No title
E-4のプリンツ掘り難易度乙だとPTはそれほど脅威には感じなかったです
PT対策もかねて道中支援出したのも大きいと思いますが
当たり難いため面倒だとは思ったがなんだかんだ言ってほぼS勝利取れてましたから
肝心のプリンツ掘れなかったのでいやというほど回ったがMマス到着してS勝利のがしたのは五回ほど、途中から正確な数はカウントしてないが200近くは回ったはず
甲だと全然変わったかもしれませんが乙だとそこまで嫌なイメージわかなかった寧ろプリンツドロップしなかった事の方がイメージに残ってる
No title
コメントに採用された「武装選択が4つしかないという」の話。
PTボートってぶっちゃけ、機銃でも大ダメージを受ける存在(極論大型モーターボートに魚雷を積んでるだけ)ですけど、機銃で応戦とかもできませんし。
採用するならシステム面の改善もするべきだったのになと思います。
あとはコメント欄を見て、廃人さんとの意識の差を感じこれはいつまでも絶対分かり合えないな、とも。
アンケは間に合いませんでした…が
完全に他の提督さんと違う観点があるかもと思い、コメント残してみます。
個人的に、戦艦棲姫とPTを比較した時、PTのほうがより嫌だった点は、攻撃が吸われた時に敵の総HPを全く削れず、いとも簡単にC敗北D敗北するところでした。
これが戦艦棲姫なら、当たりさえすれば巨大なHPがガンガン削れるので、「A敗北」や「B敗北」はあっても滅多に勝率に傷はつかなかった。トリプルダイソンは難易度次第で回避できたし、たいてい彩雲を連れて行けるので、T字不利を防ぐこともできた。
フルコンプより甲種勲章より「勝率100%維持、勝てる戦は絶対落とさない」(現在の勝率99.82%…もちろんこれはRTA勢、切り込み隊長とwikiの集計分析頭脳集団のおかげですが)を至上命題にしているうちの司令部では、E-4J/M(合計1回C敗北)やE-5ボス(1回C敗北、2回D敗北)は鬼門でした。10回の大破撤退より1回のボスC/D敗北のほうが本当にきつい。
雪風が連続で夜戦大破した時には「ははは、こいつぅ」と笑ってられるのですが、ボス戦で攻撃がとことん回避されたり攻守がかみ合わず敗北した時は、「楽しんだから課金しよう」という今までの継続微課金を未来永劫やめてやろうかと思うぐらい、はらわたの煮えくり返るような感覚でした…
No title
>>23コメ匿名さん

E-4 Mマスはギミック解除で以外行っていませんが、甲でも支援アリで大体昼までには全部落ちてますね(検証してたので10回は行ってるハズ)
ただ、E-5は手数も少なく大抵夜まで残るので、S勝利を取るのが難しく非常にもどかしく感じました。高装甲以外での難易度調整案としては悪くないのでしょうが、ダイソンと比較しカスダメすら入らないことが多いので、どちらかというとPT小鬼群の方がストレス感じそうだというのが所感です。




>>24コメさん

うん?ちょっと読解力が足りないので意味が分からないかも…
機銃でも大ダメージを受ける存在だけど、その機銃での応戦が出来ず当たりづらい主砲や魚雷攻撃しか出来ない状況下であるにも関わらず、史実以上に柔軟な攻撃を繰り出すPTに対する不満、ということであのコメントを取り上げた次第です。

>いつまでも絶対分かり合えないな
それは当たり前のことじゃないですかね。
体育の授業でサッカーをする時に、サッカー部はクソ試合でもガチな人が多いですし、強い敵がいればやりがいも感じるでしょう。一方で一般の生徒は「何ガチでやってんだコイツらアホらし」と思う人が多いでしょう。
だからといって、別に双方が分かり合う必要は無いんじゃないですかね。
体育の試合を面白くするも詰まらなくするも先生(運営)次第ですから。
先生がサッカー部の顧問でも、部員の意見ばかりでなく、双方を意見を取り入れてくれると面白いゲームになるんでしょうけどね。




>>石橋ワタルさん

上でも同じ事を書いていますが、高装甲以外での難易度調整案としては悪くないと思います。ただ、ダイソンと比較しカスダメすら入らないことが多いので、どちらかというとPT小鬼群の方がストレス感じそうだというのが所感です。

勝率に関しては、気にする人にとって最悪の敵になるでしょうね…
避ける分には構わないのですが、攻撃を吸われるのは別問題で、現在の勝利判定を考えると何らかの修正は必要になってくると思います。PT2隻以下、且つ攻撃が吸われないなら別に気にならないんですけどね…
私はまったく気にしていないので勝率96%程ですがw

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ