触接について 条件・装備・成功率・補正(倍率)など

うわっ…触接気にしてなかったの俺だけ…?
安心してください、2013夏着任の私もつい最近まであまり意識していませんでした。
自分の為にも、触接に関して今一度勉強しなおしてみたいと思います。

20160209qqq.jpg



画像で見る「触接のフローチャート」

取り敢えず画像に起こしてみれば分かり易いかな?と作成してみました。
恐らく字が潰れて読みづらいので、画像クリックでリンクを展開、拡大してご覧下さい。
これだけってのもアレなので、次項で少し補足を入れて行きます。


20160209q - コピー










画像の補足

ここの補足はあまりありませんね。
発動条件として3点程が上がっていますが、お察しの通り気にする程のものではありません。
触接を意識し始めている方にとっては当たり前にこなしていることかと思います。

20160207e.jpg






フェイズ1「触接機の選択判定を開始できるか」どうかの判定(開始判定)

これは、触接の効果を高めるものでは無く、あくまで触接を開始するためのフェイズ。
ソシャゲで言えば、ガチャを回す以前に必要となる魔法石等を持っているかという話。
結果はどうあれ、魔法石が無ければガチャは回せません。

対象となる艦載機は、水上偵察機・艦上偵察機・大型飛行艇。
巡洋艦の「零式水上観測機」や空母の「彩雲」、秋津洲の「二式大艇」等ですね。
勿論、下位の「零式水上偵察機」や、上位の「二式艦上偵察機」等も対象となります。

計算式⇒触接開始率=各スロットごとの{0.04 × 艦載機の索敵値 × √(搭載数)}の合計(暫定式)
(制空権確保状態での計算式であり、優勢では約0.6倍とされています)
つまり、装備の索敵値が高い艦上偵察機(彩雲等)が有利となります。
制空状態も大きな影響を与えるため、攻略する海域にどの状態で挑むか先に決めておきましょう。

20160207f.jpg



フェイズ1は、比較的満たし易いので必ず100%となるよう調整しましょう。
同じ機体数であっても、複数のスロットに分けた方が触接開始率は向上します。
但し、攻撃力が低下しないよう極力少ないスロットで条件を満たすのがミソです。

例(括弧内は制空権確保)
①彩雲1スロット・搭載数12機の場合:開始率75%(125%)
②彩雲2スロット・合計搭載数12機の場合:開始率105.8%(176.4%)


このように、複数の対象機を積んだ場合の計算は、先ほどの計算の合計値となります。

20160207g.jpg



完全脳死でいいなら、倍率の高い彩雲を基準に考えましょう。
制空権確保時は「彩雲1スロ・搭載数8」で触接開始率100%以上。
制空優勢時なら「彩雲1スロ・搭載数8」「二式1スロ・搭載数6」で触接開始率100%以上。
よく分からなければ、wikiの一覧を参考にするとラクです。

20160209a.jpg

20160209w.jpg






フェイズ2「どの機体が触接を担当するか」の判定(選択判定)

フェイズ2は、112~120%の攻撃力補正値を決定する。
またソシャゲで例えるなら、触媒がフレンドポイントなのか魔法石なのかといったところ。
前者ならコモン~レア程度だが、後者ならSSホロも狙えるし、10連ガチャなら更に期待度は上がる。
つまり、良い触媒(装備)を多く装備するほど、高い倍率に期待が持てるというわけです。

各機体の担当率は「0.07×艦載機の索敵値」で求められますが、表があるので覚えなくて良いです。
装備の命中値が高いほど攻撃力補正が高く、索敵値が高いほど担当率が高くなります。

選択判定は、装備の命中値が高い順に、旗艦の1スロ目から判定されていきます。
担当が決定した時点で判定終了、低命中が高命中を阻害することはありません。

20160209qq.jpg



計算はフェイズ1と違いちょっとややこしい。
各機体ごとに個別に判定されるため、単純な合計値ではありません。
SSRドロップ率1%のガチャを100回回しても、必ずSSRが出るわけではないのと同じ。
パチンコなら、ハイスペック機(約1/400)を400回回しても必ず当たる訳ではないのと同じ。

確率計算のお話なので、正直上手く説明する自信が無いのでカット…
様々なサイトを参考にしながら試行してたら、艦これwikiの例題や艦載機計算器の確率と合致したので恐らく合っているとは思います。因みに、命中2以下の担当率は、命中3が担当しなかった場合にそれ以下が担当する確率。

が、結局フェイズ2も艦載機計算器で計算可能なので覚えなくてもOK

20160209qw.jpg









最後に

結局は、今まで通りwikiやツールに頼ればラクに計算出来ます。
検証組、ツール作成者には本当に頭が上がりません…この場を借りて感謝!
ただし、物事の仕組みを理解することで、より効率的な運用も可能になるかと思います。
これを機会に一から調べ直してみると良いかもしれませんね。





関連記事

コメント

No title
詳細について調べたい人には最適でかゆくてここを見たい人はとても嬉しいですね。
触接自体がって人は感覚教えたほうがすぐわかってくれるんですよね(笑)
私は制空権とって連撃させたい子に偵察機載せてりゃOK!って感じですね。
私も接触でどうたらこうたら言うのがイラっとするタイプなので感じるんだよってやつw
触接のことなんとなくしか知らなかったのですごく勉強になりました。
イラスト付きで可愛いいし分かりやすいしで感動しました!
私も触接についてはある程度知っていたんですが、機体が触接を担当する確率は正確には分かりませんでした(汗)
ツール作製者様や検証者様には頭が上がらないです。
余談なんですが飛龍改二に命中3の友永隊二つつむと反抗戦キャップ(単縦陣のみ)ぴったり到達しました(笑)
機動部隊組む時の参考になればと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ