【2016夏イベ】E-2 Prinz Eugen・鹿島・大淀・時津風・天津風・磯風 掘り/周回

20160821a.jpg

当海域をクリアしていれば輸送装備が不要となり、その分兵装が積載可能。
また、E-3をクリアしていれば基地航空隊が3部隊使用可能となります。
当記事は上記を満たした事が前提となっておりますし、これによって大きく周回難易度が変化しますので、まずはE-2・E-3のクリアを目指してみましょう。

当記事は甲作戦基準ですが、基本的な考え方は各作戦共通です。
なお、Dマスの周回については一切記載がありませんので予めご了承ください。



MAPおさらい

2016夏E-2-1-1b


・初手分岐について
・駆逐4~5/軽巡1~2でF
・駆逐3/軽巡1/水母1/航巡1でF
不確定要素は多いですが、その他組み合わせはCへ逸れる可能性アリ。

・有効ルートについて
Fマス経由の赤ルートが最短で有効。
Cマス経由の場合は戦闘数が増加し、他のメリットもドロップ以外無いため非推奨。

・I/Jマスは索敵分岐
零式水上観測機1、及び零式水上観測機1/電探(索敵7)でL逸れを確認。
零式水上観測機1/電探(索敵7)×2でBOSS到達を確認。

・推奨陣形
F単横陣/G単縦陣/H輪型陣/I単縦陣/M単縦陣


【当記事追記】他ルートについて
正規空母を含むC/D経由ルートも検討しましたが、以下の観点から断念しました。
航巡が使用出来ない等の理由があっても、水雷戦隊ルートで周回することを推奨。

・E潜水マスが、Fマスと比較し被害が大きい(Fカ級雷装108/Eソ級雷装165)
・コストを水雷戦隊ルートと比較しても然程差が無い
・Iマス分岐条件が不明確
(空母2/駆逐1/他で試行するもL逸れ、編成が重いor駆逐不足or編成によって要求索敵値が異なる、と予想出来るがこれ以上の戦力低下は厳しい)







基地航空隊について

防空を使用するか否か

基本的に、基地航空隊の「補給」は防空を使用しない方が安くなります。
しかし、「出撃時の消費+空襲被害」は、全部隊出撃させた場合が約【燃料430/弾薬130】、これに対し1部隊を防空に充てた場合は約【燃料200/弾薬80】と大きな差が見受けられました。
つまり、2部隊出撃で到達率・S勝利率に問題が無ければ防空を入れたほうが優位と言えるでしょう。
(但し、被害状況の振れ幅・使用する機種・熟練度等によって異なりますので参考程度に)

2016夏E-2-1-1e



防空を使用しない場合

第一部隊・第二部隊は、陸攻3/艦戦1でIマスへ集中攻撃
被撃墜数を抑えるため、攻撃機ガン積みは辞め艦戦を1スロずつ積む。
第二部隊より第一部隊へ対空値の高い陸攻を配置すると尚よし。
水雷戦隊で挑む場合、Gマスがキツければ1回だけ配置するのもあり(G1回/I3回/BOSS2回)

第三部隊は、陸攻or艦攻で埋めBOSS集中攻撃
BOSSは航空勢力が無いため艦戦不要。
今のところS勝利は逃していませんが、ヒヤヒヤする場面はあったので最低でも2回は叩きたい。

2016夏E-2-1-1c



防空を使用する場合

第一部隊は、陸攻3/艦戦1でIマスへ集中攻撃
被撃墜数を抑えるため、攻撃機ガン積みは辞め艦戦をキッチリ1スロづつ積む。
第二部隊より対空値の高い陸攻を配置すると尚よし。

第二部隊は、全て陸攻or艦攻で埋めてBOSS集中攻撃
BOSSは航空勢力が無いため艦戦不要。
今のところS勝利は逃していませんが、ヒヤヒヤする場面はあったので最低でも2回は叩きたい。

第三部隊は、全て局地戦闘機で埋めて防空
画像では烈風が配置されていますが、極力局地戦闘機を配置のこと。
また、空襲被害は第一部隊から順に差し引かれるので、防空は第一部隊の方が良い。

(上図消費では、殆ど被害が発生していないのであまり変わり無いかもしれませんが)

2016夏E-2-1-1c








編成

駆逐3/軽巡1/水母1/航巡1

攻略時と同様にこの編成がベストアンサーかと。
基地航空隊は、2部隊で到達率・S勝利率に問題が無ければ防空の使用を推奨。
最悪、3部隊出撃させれば十分に安定するため、道中支援は不要でしょう。

2016夏E-2-1-1f


▼並び順について
とにかく脆い水母が旗艦。
が、特に問題が無ければ夜戦時にダイソンを無力化出来る可能性がある高火力艦が有利。
以下、BOSS2巡目・夜戦を意識し、高火力艦を上へ(秋月は少し上でもいいかも

▼水母について
基本配分は「水爆/水爆/水爆or甲標的」
千歳を使用していますが、スペック的に瑞穂の方が良いでしょう。
瑞穂を使用する場合は、雷装が高位であるため3スロ目は甲標的がオススメ。

▼軽巡について
開幕雷撃+夜戦時高火力である阿武隈が有効。
他艦で弾着観測射撃を使用するならば、夜偵がオススメ。

▼駆逐について
航空戦による大破撤退率が高いため、対空カットインでキッチリ落とす。
随伴艦についても、高角砲で対空値を増してやると尚よし。
3スロ目は機銃でも構いませんが、航戦状態によってはBOSSを仕留め損なう可能性があるため、夜戦装備で命中率を上げると良いでしょう。
魚雷カットインを使うか否かは好み次第。個人的には連撃安定。






駆逐4~5/軽巡1~2

特に理由が無ければ前項編成の方が安定します。
航巡に御札が付いてしまった場合等に使用、水母はLv1でも大きな問題はないかと思います。
基本的に軽巡の方が火力が高いため「駆逐4/軽巡2」を推奨。
構成に関する考え方は前項と同様であるため割愛。
基地航空隊は全隊出撃、必要によって支援艦隊の投入も検討しましょう。

前項相違点は以下の通り。
・戦力が絞られるため、高火力維持のため軽巡旗艦推奨。
・阿武隈を使用する場合は水偵を積みたくないので、電探増量のこと(下図配分でOK
・同様に、軽巡の水偵は観測機への変更も考慮すること。
・前項より被弾する可能性が高い事を考慮し、魚雷カットインを末尾に配置。

2016夏E-2-1-1g









最後に

基地航空隊(部隊)の増加により難易度がグッと下がりましたね。
初めの内は、前記した消費よりコストが嵩む場合もありますが、熟練度の上昇により改善されます。
記事中の配分であれば全機撃墜されるケースはありませんので、周回がてらに熟練度を上げていきましょう。




関連記事

コメント

No title
更新お疲れ様でした
攻略ありがとう
No title
瑞穂と秋津洲は丙でもでますか?
No title
>>2コメ匿名さん

艦これデータベース
http://kancolle-db.net/
を見た感じ、一応丙でも出てるみたいですね。
ただ真偽の程は保障しかねますのでご了承ください。

コメントの投稿

非公開コメント


雷ちゃんのヒモになりたい・・・
ブログパーツ